チュートリアル・徳井義実

写真拡大

13日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)でチュートリアルの徳井義実が、FUJIWARAの藤本敏史を嫌っていた過去を明かした。

番組では「第5回芸人ドラフト会議」と題して、徳井、ヒロミ、オードリーの若林正恭、メイプル超合金のカズレーザーが、自身の考える架空の冠番組を作りレギュラーメンバーを選抜・争奪した。

その中で、「ねぇねぇ話そうよ」という番組名の出演者を選抜する徳井は、1位指名に藤本の名前をあげた。藤本の名前が発表されると、すかさず有吉弘行は「これ今、大喜びでしょ」と意味深な一言を漏らした。番組MCの雨上がり決死隊・蛍原徹も「フジモン喜んでるよー」と声をあげる。

実は、徳井は藤本が苦手だったというのだ。藤本を1位指名した理由を聞かれた徳井は「もともとスゴい嫌いやった」「現場に入って、今日は誰がいらっしゃるかなって思って、藤本さんがいたとき『うわ〜。うるさいな〜』ってなってた」とぶっちゃける。しかし「結婚されてお父さんという一面がしっかりできてこられて」と、結婚後の藤本の変化を明かしつつ「『引くとこは引かなアカン』ってのを学びよったんでしょうね」と、上から目線で評価して笑いを誘った。

徳井は、そんな現在の藤本について「なんでもリアクションしてくれる」「振ってもなんか言うてくれる」「全体的にツッコミをお任せしたい」と大絶賛していた。

【関連記事】
徳井義実がベックからの意味深発言に慌てる「チョメチョメしてた」
徳井義実 クリスマスに女性と大ゲンカになった原因を告白
木下優樹菜 夫・藤本敏史の思い出の品を無断で捨てる