老化を食い止める!「年齢より若く見える」歩き方のコツ

写真拡大 (全4枚)

あなたは綺麗に歩くことができていますか? 自分の歩き方を意識したことがありますか?

“歩くこと”は生涯向き合っていく大事な動きです。おじいちゃん、おばあちゃんの歩き方を見て、「お年寄りの歩き方だなぁ」と感じても、歳をとれば仕方ないと思っているかもしれません。

歩く姿が年老いて見えるのは年齢のせいではなく、長年の積み重ねによって生じてしまった結果です。80歳でもカッコよく歩いている人はいますし、一方で60歳でもよろよろ歩いている人もいます。

そこで今回は理学療法士の筆者が、いつまでもカッコよく、若々しく見える歩き方のコツをご紹介します。

■「歩き方」を変えることで得られるもの

(1)お年寄り歩きにならない

正しい歩き方を身に付ければ、いくら歳を重ねたとしても“お年寄り歩き”になることはありません。いつまでも格好良い女性でいることができます。

(2)重力に負けない身体

重力に負けてくると、腰や背中が丸くなったり、猫背になったり、ひざが曲がりやすくなります。

これから紹介するポイントを意識していくことで、重力に対抗できる身体になることができます。

(3)代謝のいい身体

姿勢を支える力がつくため、基礎代謝の向上が見込めます。

■老化を食い止める歩き方3つのポイント

(1)常に上から吊られた状態を意識する

頭頂部が吊られている状態を保ちながら歩きましょう。

あきさん歩き方

(2)足を後ろに残す

足なるべく後ろに残すようにし、足を地面につけている時間を長くしましょう。そうすることで、股関節周りのインナーマッスルが刺激されます。

あきさん歩き方

(3)母趾球で地面をける

母趾球、親指、人差し指で地面をけりましょう。こうすることで足の裏の筋肉を使うことができ、足のアーチを保つことができます。

また、ふくらはぎのポンプ作用が促されることで全身の循環がよくなります。ふくらはぎの筋肉は第2の心臓といわれるほど血液の循環には重要なので、しっかり使い続けたい場所です。

あきさん歩き方

いかがでしたか? 最初からすべてを意識して歩くのは大変かもしれません。「今日はここを意識して歩いてみよう」というように1つずつ実践していき、いいクセを身体に染み込ませましょう。

【筆者略歴】

安季 ・・・ 理学療法士として患者さんへのリハビリ業務に携わる。その傍ら、リラクゼーションサロン『sayamakan』を開設し、アロマトリートメント、1人1人に合わせた自宅で出来るセルフトレーニングプランの作成などを提案している。

【画像】

※ mimagephotography / shutterstock