無職の男、刃物手に総統府への突入企図で身柄確保  失業に不満か/台湾

写真拡大

(台北 29日 中央社)刃物を持って総統府(台北市)に突入しようとしたとして、台北市警は29日、無職の男の身柄を確保した。調べに対し長期間にわたって仕事が見つからずイライラし、蔡英文総統に陳情したかったと話している。

台北市警中正一分局介寿派出所によると、男は重慶南路のコンビニエンスストアで果物ナイフを盗み、午後0時25分頃、総統府に突入しようとしたという。通報で駆けつけた警察が現場に到着すると男は刃物を振り回して抵抗したが、その後取り押さえられた。

けが人はいなかった。男は詐欺や窃盗で前科があり、取り調べの後、社会秩序維護法違反と窃盗の罪で送検された。

(游凱翔/編集:齊藤啓介)