【AFP=時事】ドイツのロベルト・ハーベック(Robert Habeck)経済・気候保護相は12日、ロシアによる欧州への天然ガス供給削減を受け、冬の間、ガス消費量を抑えるために公共施設での暖房の設定温度を19度に制限すると発表した。ハーベック氏は南ドイツ新聞(Sueddeutsche Zeitung)に対し、病院と福祉施設以外の公共施設