女性に“中絶薬”を飲ませる なぜ? 交際中にだまして

写真拡大

妊娠中の女性から、承諾を得ずに流産させようとした疑いで男が逮捕された。

福岡市の会社員・三前尋容疑者(21)。

2020年9月、交際していた18歳の女性に、中絶薬「ミフェプリストン」を服用させ、流産させようとした疑いが持たれている。

ミフェプリストンは、国内で承認されていない中絶薬。

しかし、海外のサイトでは一般に販売されている。

インターネットを通じて薬を購入し、「性感染症の薬」と偽り、女性に飲ませたという、三前容疑者。

女性は当時、妊娠5週目だったが、服用後に体調を崩し、その後、流産した。

女性に中絶薬を飲ませた理由について、三前容疑者は容疑を認めたうえで、「女性と結婚したくなかった」と供述している。