「博多華丸・大吉」の博多大吉

写真拡大

 お笑い芸人の博多大吉(48)が20日、水曜パートナーを務める「赤江珠緒たまむすび」(月〜木曜後1・00)に出演。自身の名前を使ったボケをかましたお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)の発言に感嘆の声を上げる一幕があった。

 松本は17日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、政府が2020年の中止を決めた首相主催の「桜を見る会」に対するコメントで、「桜を見る会なら、大吉と赤江さんとか呼ばれないと」と発言。今年4月に“お花見デート”が報じられた大吉とフリーアナウンサーの赤江珠緒(44)のことを持ち出し、笑いを誘っていた。

 オープニングのトーク中、赤江アナが九十九里浜に行ったことを明かし、「砂浜を裸足で歩くと非常にいい…という説を唱えている先生の話を聞いたことがあって…。これじゃないかと。我々、芝生の上でウロウロするのは止められてますけども、砂浜の上は止められてないと思うんで」とコメント。これには、大吉も「わりに赤江さんが蒸し返すんですね」と苦笑するばかり。

 赤江アナが「この間も松本さんがね、言ってくださっていたから。真に桜を見てるのは我々だ、と。ごもっともって思いました、私も」とニヤリ。大吉も松本の発言を紹介しつつ、「本当、先輩ながらやっぱりあの人は面白いなぁ。よくあのタイミングで、あんなゴシップが出て来たなぁって思いながら」と感心しきりだった。