「普通の家だったら死んでいた」高須克弥院長が出生時を回顧

ざっくり言うと

  • 高須克弥院長が9日の番組で、自身が出生したときの状況を説明した
  • 高須氏は、日本が降伏する前の1945年1月に、防空壕で生まれたそう
  • 母親と祖母は医者だったため、普通の家だったら死んでいるケースだとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング