村田諒太のV2戦には日本からも多くのメディアが詰めかけている【写真:荒川祐史】

写真拡大

ブラント戦目前、米メディアも盛り上がり「ムラタがベガスでヘッドラインを飾る」

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。ボクシングの本場で行われるトップランク社の興行開催で大トリを務める村田のV2戦に、地元メディアは「日本のスターがラスベガスでヘッドラインを飾る」と特集するなど、盛り上がりを見せている。

「日本のスター、リョウタ・ムラタがラスベガスのボクシングカードでヘッドラインを飾る」と特集したのは、地元紙「ラスベガス・レビュージャーナル」だった。

 日本人ボクサーがラスベガスで興行の主役を務めることは異例中の異例。村田は過去2度のベガス戦ではいずれも前座試合での登場だったが、4月のエマヌエレ・ブランダムラ(イタリア)との初防衛戦に続くV2戦では、ボクシングの本場でメーンを張ることになった。記事では「日本史上最も人気のあるボクサーが160ポンドで最大の戦いに備えている」と報じていた。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」では村田のウィットに富んだ発言に注目し、「ムラタ カネロと戦いたい。しかし、メキシコ産牛肉抜きで」と特集。記者会見でWBAミドル級スーパー王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)との対戦について問われ、村田が「メキシカンビーフなしでね」と英語で切り返したことを紹介している。

現地でも熱を帯びるV2戦、米リング誌も特集を組む

 カネロは昨年9月のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)戦後にドーピング違反騒動を巻き起こし、その理由としてメキシコ産牛肉を理由に挙げて言い訳いたが、これを引き合いにブラックジョークで返した格好だ。ユーモアセンスの光るメキシカンジョークは話題を呼んでいる。

 ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「ザ・リング」も「リョウタ・ムラタが土曜日にロブ・ブラント戦で米国の観衆を喜ばせたい」と特集。一方、米放送局「ESPN」では「リョウタ・ムラタとロブ・ブラントの試合をいかにESPN+で視聴するか」と報じている。村田のV2戦はゴングに向け、現地でも熱を帯びてきている。(THE ANSWER編集部)