紅白ではなく朝青龍を見て良かった瞬間とは(イラスト/ヨシムラヒロム)

写真拡大

 ABEMATVによる大晦日の特別番組『朝青龍を押し出したら1000万円』は、取組が始まる前に視聴数が100万を超え、最後の挑戦者である元琴光喜の取組が始まる頃には500万を超えた。番組が終了したときには、元大関琴光喜との取組に感激したとの意見がネットでは多く見られていた。この特番の最初から最後まで、4時間45分見続けたイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、番組としての完成度について振り返った。

 * * *
 大晦日、テレビ局は各々力を込めた特別番組を放送する。そのとき、インターネットテレビの盟主AbemaTVでは『朝青龍を押し出したら1000万円』を配信していた。

 力自慢の挑戦者が朝青龍と相撲、勝てば1000万をゲット。説明するまでもないが、タイトル通りの内容である。

 12月31日20時00分から1月1日00時45分まで。4時間45分の長丁場。

“朝青龍が7年ぶりに取組”ここだけを見れば、素晴らしい番組だ。しかし、ネックとなったのは放送時間の異常な長さ。ここがキツくて仕方ない。

 朝青龍への挑戦したのは、琴光喜(元大関)、ボブ・サップ(格闘家)、泉浩(柔道銀メダリスト)のVIPチャレンジャー3人。そして、一般応募から選ばれた5人の計8人の猛者達。

 挑戦者は8人、書かずもがな朝青龍は番組内で8回相撲を取る。取組は短ければ一瞬、長くて1分ほど。挑戦者がいくら粘っても、相撲シーンの取れ高はマックス8分だ。

 最大の見どころ“朝青龍の取組”は8分以下、比べて長すぎるのが4時間45分の放送時間。

 単純計算してみよう、4時間45分-8分=4時間37分

「4時間37分間の空き時間、なにをやりたいんだ!」とツッコミたくなる番組であった。

 格闘技の放送には、試合で戦う人間を紹介する“煽りVTR”がつき物。視聴者は、そこで格闘家の強さや戦う理由を学ぶ。事前情報を入れることで、応援にも気持ちがこもる。

 2000年頃、日本格闘技シーンを席巻した『PRIDE』。圧倒的な支持を得た理由の1つが、試合を盛り上げる“煽りVTR”の秀逸さ。

 格闘技番組は、試合をやっていない時間に、視聴者を飽きさせないことが重要。よって、“煽りVTR”が大事になってくる。

『朝青龍を押し出したら1000万円』は、良い意味でも悪い意味でも真っ向勝負。朝青龍と挑戦者以外のコンテンツは用意していない。幕間のコントといった、お笑い要素も一切ない。

 ゆえに、相撲以外の4時間37分間は“煽りVTR”を流し続けるハメに……。

 視聴者からすれば、史上最も長く“煽りVTR”を見続ける番組。

 番組制作側からすれば、史上最も長く“煽りVTR”で視聴者の興味を持続させる番組。

 2つの意味でミッションインポッシブル! 不可能な任務!

 どんな朝青龍のファンでも見続けるのは難儀だろう。どんな名監督でも4時間37分間の飽きない“煽りVTR”を作ることは不可能だ。

 更に、事前番組から見ていた僕のような人間にはすでに知った情報。

「ミニにタコ by田代まさし」できるほどに再放送、見続けることは苦行に近い。

 取組後の朝青龍の休憩などを考えれば、仕方ない構成だと分かる。

 だけど、視聴者にガマンを求め過ぎだって!

 番組で唯一満足できたのは、朝青龍の異常な強さ。

 現在は、モンゴルで自らの銀行を持つほどに財界人な元横綱。現役時代の筋骨隆々の肉体美は、当然失っている。

 1人目のチャレンジャー、元フランス外国人部隊・久保昌弘は「現役の時の朝青龍見ているので、もっとすごいの想像していました」と本人を眼前にイキった。

 しかし、取組では瞬殺。身体を持ち上げられ、土俵に叩き落とされた。

 個人的に、久保昌弘に対する期待値は高かったのでショックを受ける。相撲とは力自慢ではなくテクニック、相撲経験者以外は勝ち目がない。そんなことが一目で理解できる実力差。

 それ以降、6人続いた挑戦者。誰一人として、朝青龍とまともに組み合うこともできない。圧倒的な力の差を見せつけられ、身体を土で汚すばかり。

 肉体は変わったが、現役時代から変わらないのが「朝青龍らしい」独特のふてぶてしさ。横綱の品格からは程遠い、モンゴルのやんちゃ坊主感はキープ。

 ある挑戦者の攻撃が目に直撃しブチギレ。取組後、腫れた自身目の写真とともに「目にパンチくらわしやがって 火が付いた!!」とツイート。

 最後の第8戦の対戦相手は、プロ野球賭博問題で相撲界を去った琴光喜。朝青龍と同様に、自らの意思ではなく力士を引退した男だ。

「土俵に残してきたモノはある」と語る両人。がっぷり四つを組み合う姿は、確かにドラマチック。

 今まで見ていたのは“相撲のようなもの”だったと確信させる取組内容。4時間以上”煽りVTR”を見続けたゆえ、感動もひとしお。

「違う!」正直に書こう。

「感動した!」とでも思わなければ、やってられない番組であった。「紅白見れば良かった」と自らを攻めたくなる出来だったんだ、正直。

 長時間の“煽りVTR”を見続け「久保昌弘は牧場勤務」「琴光喜が今焼肉店を営んでいる」「泉浩が週6日、魚市場で働いている」といった情報を得る。

 自分にツッコミたくなる「そんなこと知ってどーすんの?」

 結果、琴光喜戦の頃合いには“煽りVTR”で情報酔い。飲んでもいないのにヘロヘロに疲れていた。

 再度書く、本質である“朝青龍の取組”は素晴らしい。しかし、過度な情報を与え続ける“煽りVTR”が長過ぎる。

 放送終了後、録画していた紅白を見て意外なコトに気づく。

「やっぱり、朝青龍を見ていて良かった!」

 美男美女が戯れる派手なお祭り騒ぎを目にし、自分自身の人生を悲観してしまった。「芸能人はいいなぁ、楽しそうで、比べて僕は……」と。

 比べて『朝青龍を押し出したら1000万円』は、悲しくならないだけまだマシ。それこそ、皆心に傷を持つ者ばかりが集まる、僕たち敗者達の宴。

 男たちの無念を朝青龍は、がっぷり四つで受け容れてたんだなぁと気がついた新年であった。

 ※本コラムはイーグルスの「デスペラード」を聞きながら読むと10倍楽しめます。