綾瀬はるかが4位!紅白歌合戦の歴代司会“良かった”ランキング

写真拡大

 今年で第67回を迎える『NHK紅白歌合戦』。出場者が発表になりましたが、“司会者”もまた、その年のラストを飾る大役です。今年の紅組司会は、来年の前期連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロイン役・有村架純、白組司会は嵐のメンバー・相葉雅紀。

 思えば、今までさまざまな人が司会をやってきました。

 そこで今回、女子SPA!では「紅白歌合戦の過去の司会者で『良かった』『ふさわしかった』と感じる有名人」を、アラサー男女200人(25〜35歳)に調査(※)。印象に残っている紅白司会者をランキング形式で紹介します。

=================
紅白歌合戦の過去の司会者で『良かった』『ふさわしかった』と感じる有名人(複数回答)

10位 井ノ原快彦 7.0%
8位 黒崎めぐみ 8.0%
8位 松下奈緒 8.0%
7位 黒柳徹子 9.0%
6位 井上真央 10.0%
5位 嵐 13.5%
4位 綾瀬はるか 14.5%
4位 松たか子 14.5%

=================

 10位に選ばれたのが、昨年司会の井ノ原快彦。NHK朝の情報番組『あさイチ』内でのさまざまな“神対応”が話題になるなど、彼の癒やしパワーと安定した司会力によってランクインを果たしたようです。

 7位には、『徹子の部屋』でお客さんをもてなしている大御所司会者・黒柳徹子。1980〜84年まで4年連続で紅組司会を務め、作年は82歳(当時)で32年ぶりに司会者のひとりとして名を連ね、話題となりました。放送中には、ろれつが回っていないかも……? なんて、不安が視聴者の心をかすめましたが、まあ何事もなく終了したので結果オーライです。

 つづいて、連続テレビ小説『おひさま』や大河ドラマ『花燃ゆ』など、NHKの看板番組でヒロインを演じてきたNHK愛され女優こと井上真央が6位に。2011年と2014年には、長らく熱愛がウワサされている松本潤(嵐のメンバーとして出演)とともに司会を務め、ふたりの息が合った司会も話題になりましたよね。いろいろな意味でドキドキしたファンも多かったのでは? 件の嵐も、グループとして過去5回にわたって司会を務め、5位にランクイン。メンバーも5人と、ゾロ目で縁起がいい感じがしますね。

 同率4位にランクインしたのは綾瀬はるかと松たか子。とくに、綾瀬はるかの紅組司会は“放送事故”といわれてしまうほど、さまざまな事件が起きることでも有名です。2013年には、曲名を間違えたりセリフを噛みまくるなど、その珍司会っぷりに、お茶の間に謎の緊張が走ったのは言うまでもありません。何が起こるかわからない、飛び道具司会者としてランクイン?

◆3位 有働由美子 17.0%

 近年は安定感のある総合司会者として大役を務めている、NHKの有働由美子アナウンサー。昨年は、紅組司会者に抜擢された迷司会者・綾瀬はるかを井ノ原快彦とともに、フォローする姿が印象的でした。さすが『あさイチ』コンビ、といったところでしょうか。◆2位 中居正広 24.5%

 司会者としての手腕を遺憾なく発揮するアイドルといえば、SMAPの中居正広。1997年に白組司会者最年少記録を25歳のときに更新しています。その後も合計6回の司会を務め、2007年には男性初となる紅組の司会に挑戦。紅組司会の当日は、白組司会の笑福亭鶴瓶とともに、絶妙な掛け合いで番組を盛り上げてくれました。

◆1位 仲間由紀恵 36.5%

 1位に選ばれたのは、女優の仲間由紀恵! 2位の中居正広とは過去3回、ともに紅白の司会を務めた盟友(?)です。彼女の落ち着いた声のトーンが視聴者に安心感を与えてくれるのかもしれません。余談ですが、紅白歌合戦で審査員になった2014年の放送時、彼女の隣に座ったのが俳優の阿部寛。この二名がそろったことで、大人気ドラマ『TRICK』の上田山田コンビを思い出し、本編よりも盛り上がってしまったファンが続出したそうです。NHKの粋な演出に拍手!

 安心感のある司会者から、視聴者を不安にさせる迷司会者まで、バラエティ豊かな面々が名を連ねました。

 さて今年、初司会の有村架純と、嵐としては過去5回司会を務めている相葉雅紀は、どんな司会をしてくれるかも見どころですね。

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(25〜35歳男女)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2016年11月15日〜11月16日
有効回答者数:25〜35歳男女200名

<TEXT/谷口京子(清談社)>