歯医者さんに質問!歯磨きしているのに、なぜ息が臭うの?

写真拡大

歯周病や虫歯があるわけでなく、一日三回食後にきちんと歯磨きをしても、口臭がしてしまうという人はいないだろうか。筆者も自分でもわかる程臭うことがあり、軽くショックを受けたことがある。また、他人の口臭が鼻をついた時、自分も同じように臭いのではないかとつい気になってしまう。そこで青山審美会歯科矯正の院長である小谷田仁さんに、口臭の原因や対策を聞いてみた。

■生理的な口臭と、病的な口臭

「原因は様々ですが、例として歯周病や虫歯の他に、磨き残しや歯石沈着、舌の表面に白色又は黄褐色の苔状に見える舌苔(ぜったい)、口腔内の乾燥、胃の不調などにより口臭が生じることがあります。生理的な口臭は、タバコ、アルコールや食べ物ではニンニク、ネギ、ニラ、などから生じるもの、病的口臭は口腔内の虫歯、歯周病、口内炎や全身的な鼻やノドの病気、胃腸の病気、呼吸器の病気、その他糖尿病や、ガンなどが原因でおこる口臭を示します」(小谷田さん)

口の中の問題だけでなく、体調や病気までが関係するのであれば、歯磨きばかりをしていても仕方ないこともある。日々の健康管理にも留意する必要があるのだ。

■口臭に対して過敏になり過ぎることもある

「心理的な原因とされる『自臭症(じしゅうしょう)』という症状があります。これは小児の時の体験や人間関係などから、実際に口臭はしないのに、口臭に神経過敏になっている状態をいいます」(小谷田さん)

実際には存在しない口臭が臭うように感じるという事実にまず驚きだが、何ごとも気にしすぎることは良くない。しかし、こういった精神的な原因までが起因するのだとしたら、どのように口臭に対処したらいいのだろうか。小谷田さんに詳しく聞いてみた。

■日常生活の改善でも軽減できる

「対策としては定期的に歯科医院で、歯石除去やクリーニング、歯科医師、歯科衛生士に磨ききれていない部分のブラッシング指導などを受けて頂いたり、日常生活でもこまめに水分を摂ったりお食事の際によく噛むことで唾液の分泌を良くします。また、口腔内の乾燥を防ぐことで口臭が軽減されます。ガムなども効果があります」(小谷田さん)

口内を清潔に保つ以外にも、保湿ケアも重要だ。寝起きは、口の中が乾いていることがあるという人もいるだろう。さらに効果的な対策について小谷田さんはこう続けた。

■オーラルケアでたいていの口臭が解消される

「原則としてオーラルケアをしていれば、たいていの口臭は解消できると考えられています。口臭が気になる方や『自臭症』などが疑われる方は、歯科で口臭を客観的に測定する方法としてハリメーターやガスクロマトグラフィーといった機器がありますので、検査を受けて確認してみてください」(小谷田さん)

歯磨きに加え、舌磨きを日常的に行えば、基本的に口臭はなくなるとのこと。それに加え、口臭を歯科で調べ、他人に気配りできれば完璧だろう。それでも口臭が止まらない場合は、胃腸などの病気の可能性があるので、内科で検診を受けると良さそうだ。

「教えて!goo」では、「口臭対策としてあなたがしていることは?」ということでみんなの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:小谷田 仁
医療法人社団審美会 青山審美会歯科矯正クリニック院長。1980年こやた矯正歯科クリニック、93年青山審美会歯科矯正クリニックを開業する。1980年の開業時に舌側矯正を日本で初めて臨床に取り入れ、症例数は4000件を超える。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)