26日、韓国メディアによると、韓国の農業法人・バーバリー餅が「バーバリーあんぱん」の商標登録を拒絶した特許庁に対して不服審判を請求し、勝利した。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は銀座のバーバリーショップ。

写真拡大

2015年1月26日、韓国・ニューシスによると、韓国慶尚北道安東地域の農業法人・バーバリー餅の「バーバリーあんぱん」が、英国のファッションブランド「バーバリー(BURBERRY)」とハングル表記が同じだという理由で商標登録を拒絶した特許庁に対し不服審判を請求していた問題で、バーバリー餅側が勝利した。

【その他の写真】

バーバリー餅は、2014年2月に「バーバリーあんぱん」で商標登録を出願したが、英国ファッションブランド「バーバリー(BURBERRY)」と類似しているという理由で、同年3月に特許庁審査局から商標登録出願を拒否された。

同法人のシン・ヒョンソ代表は、「バーバリーは『ポンオリ(発話障害を意味する)』の方言で国内で広く使用されており、英国ファッションブランド『BURBERRY』と発音は同じだが、観念はまったく違う。また、出願した商品はあんぱんであり、消費者の誤解を招くことはない」とし、不服審判を申し立てた。

これに対し、特許審判院は「同法人の『バーバリーおかき』は安東地域の特産品になっている。また、あんぱんに使用することにより商標が希釈化されることはない」とし、案件を特許庁審査局に差し戻した。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「『バーバリー』という安東地域の方言は数百年前からある。バーバリーの起源は韓国だ」
「バーバリーおかきは昔からある有名な韓国のお菓子。英国の特許庁ならまだしも、韓国の特許庁が商標登録出願を拒否するなんて。あきれる」

「特許庁のやつらに愛国心はないのか?」
「逆に英国のBURBERRYを使えなくするべきじゃない?」
「『おいしすぎて言葉にできない』という意味のようだね」

「急にBURBERRYの洋服を買いたくなくなった」
「次はBURBERRY不買運動か?韓国人は大変だ…」
「BURBERRYのおかけで有名になれてよかったね」(翻訳・編集/堂本)