11日、上海で開かれたナインボールの国際試合に出場した日本人選手が、現地市民に殴られ負傷する事件が起きた。写真は上海。

写真拡大

2012年9月11日、中国・上海市で開かれたナインボールの国際試合に出場した日本人選手が、現地市民に殴られ負傷する事件が起きた。13日付で中国のスポーツサイト・網易体育が伝えた。

【その他の写真】

記事によると、事件が起きたのは11日の夜中。男女の日本人選手4〜5人が上海市楊浦区五角場の屋台村で夜食を食べていた。そのうち、試合に負けたばかりの男子選手が酒に酔い、大声で騒ぎ始めたため、現地市民が注意したところ、いざこざに発展。市民が日本人選手を殴打し、ケンカが始まった。

地元警察が駆けつけ、双方を警察へと連行。殴られた日本人選手のケガの具合を検査したところ、骨折などはしていなかった。選手の名前は公表されておらず、殴った市民がどんな処罰を受けたのかも明かされていない。

これを受け、試合の主催者側は日本人選手に外出を極力控えるよう忠告したほか、警備員も20人から60人に増員。日本人選手が出場する試合の観戦も禁止とした。(翻訳・編集/NN)