寂しがり屋な人は、どうしても恋愛において“追う側”になってしまいがちですよね。人恋しさが裏目に出てしまうと、利用されたりダメな恋をしてしまったりといったことも……。


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、占い師で心理カウンセラーの筆者が、“寂しがり屋な人が持っている相”をご紹介いたします。

 

■1:知能線が人差し指と中指の間で生命線と分離…いい人を演じて寂しさを埋める相

人差し指と中指の間から伸ばした線上、あるいは中指の下あたりの生命線上に起点がある相の持ち主は、相手の気持ちを推し量ることができる、気配り上手なタイプ。そのため、男性からの人気はかなりのものでしょう。しかしその内面は、周囲から愛されたい気持ちが強い“寂しがり屋”。ただし、線に勢いがある場合は、機転が利き物事を首尾よくこなせるテキパキしたタイプだと言えます。

 

■2:感情線全体が鎖状になっている…男心をくすぐって寂しさをまぎらわす相

感情線が鎖状になっている相は、いわゆる“小悪魔”と言われる要素を持っている女性に多く見られるとされています。男性からモテモテなうえに自分自身も寂しがり屋なため、若い頃はさまざまな男性と恋に落ちる可能性が。しかし、知能線がしっかりしている場合は、これまでの経験を活かして、年を重ねるごとに愛される女性になっていくと言えます。

 

■3:感情線に切れ目が数か所ある…かまって欲しい気持ちが強すぎる相

細かく切れた感情線は、寂しさをガマンできない性格を暗示する相。特に、小指や薬指の下で切れているのは、あなた自身のワガママが原因で恋愛トラブルが起きることが多い暗示。一方で、中指の下に切れ目がある場合は、気持ち次第では関係の修復も可能かも。なお、感情線が人差し指の下まで伸びていて、その先端近くで線に切れ目がある場合は、そこまで重大なトラブルにはならないはず。

 

■4:結婚線が「金星帯」の内側に入り込む…寂しくて嫉妬にとらわれやすい相

感情線の上部、人差し指と中指の間〜中指と薬指の間に現れる弓形の線を“金星帯”と呼びます。この金星帯の内側にまで結婚線が入り込んでいる相は、寂しさに支配されやすい性格であることを意味します。寂しさから、パートナーの人間関係に嫉妬してヒステリーを起こしてしまうことも……。度が過ぎると、彼から敬遠されてしまうこともあるので注意。寂しさを上手にコントロールするよう意識してみて。

☆絵で見てわかる!手相占い

“寂しい”という感情は、人間誰もが持っている“孤独感”と密接だとされています。寂しがり屋な性格というのは、生まれ持った資質も関係していますが、幼少期に「見捨てられた」「十分に愛されなかった」という感覚と繋がっていると言われているのです。もしそうした感覚が強いという人は、自分で自分を愛し、大切にするよう心がけてみてくださいね。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】