韓国のコーヒー市場は高成長が続いている(資料写真)=(AFP=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国のコーヒー市場の規模は昨年約11兆7397億5000万ウォン(約1兆1700億円)で、初めて10兆ウォンを突破したことが18日、韓国関税庁などの集計で分かった。昨年のコーヒーの消費量は約265億杯と推計され、国民1人当たりが年間512杯飲んだ計算だ。

 種類別ではインスタントコーヒーとパウダー、砂糖を配合した「コーヒーミックス」が130億5000万杯で最多。レギュラーコーヒーが48億杯、缶コーヒーなどのコーヒー飲料が40億5000万杯、インスタントコーヒーが31億杯などだった。

 コーヒー市場の規模は10年前に比べ3倍以上拡大したのに対し、消費量は10年で30%増にとどまった。これは、単価の高いレギュラーコーヒーの消費が急速に伸びているためとみられる。

 レギュラーコーヒー市場は2007年の9000億ウォン台から昨年は7兆8528億ウォンと10年で7倍以上成長した。かつてはコーヒーミックスなどのインスタントコーヒーが主流だったが、2000年に入ってからスターバックスコーヒーなどの多様なコーヒーチェーンが急増したのに伴い、レギュラーコーヒー市場が急成長した。

 1999年にソウルに1号店をオープンしたスターバックスは16年に売上高が1兆ウォンを突破し、昨年は営業利益が1000億ウォンを超えるなど、韓国のコーヒー市場をけん引している。