夏を代表する花の1つである『ヒマワリ』。

「憧れ」「あなただけを見つめる」

太陽の動きに合わせて向きを変えることから、そんな花言葉が付いたといいます。

何だかとてもロマンチック…ですが、そんなイメージに疑問を投げかける事態が起こりました。

海外の掲示板に投稿された、1枚の写真をご覧ください。

出典:EnjoyOslo

1本だけ、そっぽ向いてる…!!

「私は私!」とでもいいたげな姿に、ヒマワリの気持ちを予想するコメントがいくつも寄せられました。

「私はサンフラワー(ヒマワリ)。サンフォロワー(太陽に従う者)ではないの」「東?しまった、てっきり西を向くのかと思ったんだよ!」「私は独立心が強いから、太陽は必要ありません」

ちなみに太陽を追うように向きを変えるのは、生長が盛んな若い時期だけだといいます。時間が経つと、ずっと同じ方角を向いたままになるのだそう。

このヒマワリは、花が開いてからしばらく経ったものなのでしょう。

大量のヒマワリの中で1本だけというシュールさが、ささやかな笑いを誘っています。

[文・構成/grape編集部]