男子ゴルフ米国ツアー、ディーン・アンド・デルーカ招待2日目。6番のティーグラウンドを離れるフィル・ミケルソン(2017年5月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフフィル・ミケルソン(Phil Mickelson、米国)が、娘の高校の卒業式に出席するため、今月開催の全米オープン選手権(2017 US Open Championship)を欠場すると米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)に明かした。

 全米オープンで2位に6度も入っているミケルソンだが、優勝経験は一度もなく、同大会が唯一タイトル獲得のないメジャー大会となっていた。

 ミケルソンは「これこそ人生を振り返るときに大事に思う瞬間だし、自分が出席したことを喜ばしく思うだろう」「一人の親として、これ以上の喜びはない」とニューヨーク・タイムズに話した。

 メジャー通算5勝のミケルソンは、2013年の第142回全英オープン(The 142nd Open Championship)で優勝してキャリアグランドスラムに王手を懸けていたが、それ以降はタイトルから遠ざかっている。

 米ウィスコンシン(Wisconsin)州エリンヒルズ(Erin Hills)で開かれる今年の全米オープンは、ミケルソンの娘アマンダ(Amanda)さんが在学する高校の卒業式と同日となる6月15日に開幕する。
【翻訳編集】AFPBB News