英ロンドン北部のイズリントンで8日午後(現地時間)、中国人の一家3人が顔などに硫酸や塩酸をかけられるアシッド・アタック(酸攻撃)の被害に遭った。

写真拡大

2017年4月11日、海外網によると、英ロンドン北部のイズリントンで8日午後(現地時間)、中国人の一家3人が顔などに硫酸や塩酸をかけられるアシッド・アタック(酸攻撃)の被害に遭った。父親(40)は顔に「人生を変える」ほどの傷を負ったが命に別状はなく、母親(36)と男児(2)は軽傷だという。

英BBCによると、被害者は英国に長期滞在している中国人の家族。夫婦が2歳の子どもをベビーカーに乗せ、自宅近くの通りを歩いていたところ、何者かが近寄ってきて父親の顔に酸をかけた。夫婦には11歳の長男もいるが、事件当時は自宅にいたという。

犯人は現場から逃走しており、警察は目撃した人がいないか聞き込みを行っている。(翻訳・編集/柳川)