彼氏がいて、愛し愛されて……そんなふうに恋愛が充実していれば毎日楽しくてしょうがないのではないでしょうか。誰もがうらやむような仲良しカップルからは常に“幸せオーラ”が感じられます。もしそんなオーラを身につけたいなら、そんなカップルたちの日常をよく観察してみる必要がありそう。
はたから見ても“仲良しだな”とうらやましがられるカップルたちが、毎日実践している“ハッピー・ルール”をまとめてみました!

仲良しカップルたちが実践するハッピー・ルール7つ

1: 相手に対する欲求は“お願い”という形でソフトに伝える

付き合いが長くなれば、どうしても「相手にもっとこうしてほしい」という欲求が芽生えてきます。それをスマートに相手に伝えられるかが仲良しカップルになれるかどうかのわかれ道。
ただ自分の都合や気持ちを押しつけるのではなく、「お願い、もうすこし○○してもらえると本当に助かるの/嬉しいわ」と言葉をやわらかく、ソフトに伝えることができれば相手にもしっかり届くし、ハッピーな関係が築けます。

2: 「ありがとう」は声を大にしてたくさん言う

近しい間柄だからこそ、ちょっとしたことにも「ありがとう」の一言をおろそかにしてはいけません。感謝されて嫌な気持ちになる人なんていないはず! 恋人同士ならなおさら相手のことを好きになってしまうでしょう。普段から笑顔で「ありがとう」が素直に言える女を目指して!

3: ケンカしても、ポジティブな部分に意識を向ける

同じカップルでも、関係が冷めてしまう人とずーっと仲良しでいられる人がいますよね。その違いは、「気持ちをポジティブに保てるかどうか」にあるといえます。
ケンカなど、彼とのあいだに起きた嫌なことをずっと引きずっていては、どんなに理想的な相手とであっても、いつしかその関係は色あせていってしまいます。そうではなく、ふたりの関係のうまくいっている部分に目を向け、嫌なことはさっさと忘れてしまえる前向きさがあなたにあれば、彼にとっても癒やしの存在となるでしょう。

4: ふたりの過去をずっと大事にし、思い出すようにする

相手のことが気になりだして、告白して、付き合って……どんなカップルにもふたりだけの大切な“歴史”があります。
幸せカップルたちはそんな自分たちの軌跡をよく振り返り、大事にすることで、互いの愛情やリスペクトを再確認することがもはや習慣となっているのです。記念日を忘れずに祝ったり、初デートの地へ行ったり、ふたりで遠出したときの写真をお家に飾ったり……そんな小さな工夫をぜひしてみて。

5: どんなに仲がよくても居心地のいい関係に甘んじない

お互い好きだし、信頼し合っているし、一緒にいてとても居心地がいい……とても理想的な関係です。でもその居心地のよさに甘えていると、マンネリカップルに陥る可能性が出てきます。
そうならないためにも、ときどきちょっと刺激的なことを加えたり、新しいことに挑戦してみたり、ふたりの関係に刺激をプラスするなにかを考えてみましょう。もっともっと素敵な関係が築いていけるはずです。

6: ふたりの絆を深める“儀式”を毎日行っている

「彼とずっと仲良くしていたい」と思うなら、そのためにアクションを起こすべき。カップルとはいえ、普段からマメなコミュニケーションは不可欠だし、これを欠かすとすれ違いの原因にもなってしまいます。そうならないためにも、もっとコミュニケーションをとるための“儀式”を生活のなかにとり入れてみましょう。たとえば……

・ 毎日夜の20分はベッドやソファーでくっつきあって一日の出来事を話す
・ 平日は忙しいので、休日に最低30分は散歩をしながら、おしゃべりをする

わざわざ“儀式”と呼ぶのは大げさかもしれませんが、絆を深める習慣があるのとないのとでは、相手への理解も大きく変わってきます。7: 相手の異変を見逃さず、精神的ニーズに応えてあげる

あなたは恋人になにを一番求めますか? 絶対的な信頼感や精神的サポートはきっと欠かせないものでしょう。それは彼にとっても同じ。普段から自分のことをしっかりと見つめ、落ち込んでいたりふさぎ込んでいたりしたら、そっと手を差し伸べてくれる、味方になってくれる相手こそ頼れるパートナーです。
いつでも相手の精神的ニーズに応え、安心感を抱かせてあげられる、そんなふたりだからこそ誰にも負けない絆を育めるのでしょう。