13日、中国安徽省六安市で、マンションのベランダに干してあった犬肉が落下し、停車していたBMWの天窓を破壊するという事件があった。

写真拡大

2016年11月13日、中国安徽省六安市で、マンションのベランダに干してあった犬肉が落下し、停車していたBMWの天窓を破壊するという事件があった。

犬肉は5階の住人が干していたもので、付近の店の従業員は「1週間くらい前からベランダの外側にくくり付けて干してあった。結び方が甘かったかもしれないね。風も強かったし」と話した。BMWは70万元(約1100万円)前後だといい、駆け付けた警官の仲裁のもと、修理にかかる数千元(数万円)はマンションの住人が支払うことで合意したという。

ネットユーザーからは、「自業自得だな」「犬の最後の抵抗か」「人の上に落ちないで良かったね」「また犬肉(を食べること)を批判する人が出てくるんじゃないか?」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)