米Googleに検索結果の削除求め訴訟 詐欺で有罪の男性が敗訴

ざっくり言うと

  • 詐欺事件で有罪が確定した男性が米Googleに逮捕歴の検索削除を求めた裁判
  • 東京地裁は「男性の逮捕歴は公共の関心事だ」と述べ、請求を棄却した
  • 実名などの表示には一定の意義や必要性があると結論付けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング