そりゃモテないわ…男性が思う「女子力の低さ」を感じる瞬間5つ(photo by Andrey Popov/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】「彼氏がいるあの子より私の方が可愛いはずなんだけど、なぜモテないの!?」もしかしたら、あなたに隠された女子力の低さに男性がマイナスに感じているのかも。早速チェックしていきましょう。

【他の記事を読む】痛い女にならないための“SNSの取り扱い説明書”

◆お手洗いのあとに服や髪が濡れてる


お手洗いで、バッグの中を漁ったとき「ハンカチがない!」といった経験はありませんか?その時、ついつい服で手を拭いてしまうなんてこともありますよね。

男性は意外とそういうところも見ているよう。「あまり自分のことができてない」と判断されてしまうかもしれませんよ。

ハンドドライヤーが設置されている施設も多いですが、持ち物だって身だしなみの一つ。ハンカチは外出時の必携アイテムです。

◆髪を染めず、プリン状態になっている


「最後に美容院に行ったのはいつだっけ?」鏡を見て、ふと思うことはありませんか?気づけば、髪がプリンになっているし、枝毛もたくさん!

せっかくファッションやメイクで決めても、髪の毛がボサボサだったら魅力が半減してしまいますよ。

ロングヘアを目指し、髪を伸ばしている方でも2、3ヶ月に一度はメンテナンスに通いたいところです。

また美容院は行くだけでモチベーションが上がり、失われた女子力が一気に回復するスポットですよね。

◆指に毛が生えている


男性ができれば見たくないと感じるのが「指の毛」なのだとか。

「白い指に黒いものが生えていると、一気に女子とは思わなくなってしまう」「女子の指はツルツルであって欲しい」と感じるようです。

“先端美人”という言葉があるように髪先、指先、つま先など身体の先端は、他人と差が出るところ。脱毛に行くことはなくても、自宅で処理をするだけで美しい指先が完成しますよ。

◆飲み会ではただ飲んでいるだけ


話が盛り上がるお酒の席ですが、女性は気配りをしながらも飲み会を盛り上げて欲しいという願望が男性にあるのだとか。

「男性がサラダを取り分けるより女性がしてくれたほうが嬉しい」とのこと。また、「どぎついお酒をたくさん飲むと、おっさん認定してしまう」とマイナス認定されてしまうようです。

ただお酒の席を楽しむのではなく、グラスがあいたらお酒を頼む、ごちゃごちゃになった皿やグラスを片付けるなど気配りを持つようにしたいですね。

◆笑い方がおっさん


「笑う時ぐらい自由にしてくれ!」と感じるかもしれませんが、笑う時口を大きく開けていませんか?大声で笑っていませんか?

一時的には楽しく感じるかもしれませんが、男性からすると「凄い笑い方だな…」と引いているかもしれませんよ。

自分はおっさんのような笑い方になっていないか、一度チェックした方が賢明です。

いかがでしたか?

今回は男性が思う「女子力の低さ」を感じる瞬間をご紹介しました。

やっぱり恋愛を楽しむにはある程度の女子力も必要なよう。

ぜひ参考にして、自分はそうなっていないか一度見直してみてくださいね。(modelpress編集部)