山口県防府市のJR山陽線で運転士が勘違いをして駅を通過

ざっくり言うと

  • 28日、山口県防府市のJR山陽線で運転士が勘違いをして駅を通過した
  • 車掌が急ブレーキをかけて本来の停止位置を140m過ぎて停車したという
  • 列車には約50人が乗っていたがケガはなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング