内部情報がダダ漏れ状態にJ-CASTニュース

朝日新聞の記者が「誤報」疑惑を釈明→専門家が厳しく批判「実に見苦しい」

ざっくり言うと

  • 朝日新聞が3日、特許法の規定を改められるという記事が報じられた
  • 翌日、日経新聞が朝日とは一見して異なる内容を報じている
  • 朝日の記事を書いた記者がTwitterで釈明したが、厳しい批判に遭っている

ランキング