【生成AIに関する調査】夏休みの宿題における生成AIの利用実態調査「学生の3人に1人が活用」「最も使われたツールは・・・」成果は・・・

写真拡大 (全9枚)

ナイル株式会社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」において、夏休みの宿題があった10〜20代の男女533人を対象に生成AIの活用実態に関するアンケート調査を実施、その結果を公表した。期間は、2023年8月24日〜8月30日。
●夏休みの宿題における生成AIの利用実態調査
現在、急速に普及しつつある「生成AI」の影響は学生にも及んでおり、学校における生成AIの活用について議論が活発にされている。文部科学省は夏休みを迎える直前、小中高等学校向けに暫定的なガイドラインを公表し、生成AIを取り巻く懸念やリスクなどを踏まえ、現時点では「限定的な活用から始めることが適切である」と伝えている。
情報メディア「Appliv」は「夏休みの宿題における生成AIの利用実態調査」を実施。宿題に生成AIはどの程度使用されたのか、また、どのような課題で活用され実際に役に立ったのか、アンケートの結果を公開した。

■サマリー:
・約3人に1人が夏休みの宿題に生成AIを活用・生成AIの活用を学校や親から「制限されなかった」が約7割、肯定的な意見が上回る・宿題のサポートに最も多く選ばれたツールは「ChatGPT」、7割以上の学生が利用・生成AIを利用した学生の約9割が、宿題が「捗った」と実感・生成AIを活用した宿題TOP3は「論文・レポート」「数学の問題」「読書感想文」・生成AIの使い方は学校や親に聞くよりも、インターネットで調べる
●約3人に1人が夏休みの宿題に生成AIを活用
事前調査で夏休みの宿題・課題があると回答した学生533人に対し、生成AIを活用したか尋ねたところ、34.1%が「活用した」と回答。全体の3人に1人が宿題に生成AIを活用していることがわかった。生成AIの認知度が徐々に広まりつつあり、10代20代の学生の間でも活用する人が増えてきているようだ。

●生成AIの活用を学校や親から「制限されなかった」が約7割、肯定的な意見が上回る
夏休みの宿題に生成AIを活用することについて、学校や親からどのような意見があったのかを聞いてみると、「制限された」が32.6%、「制限されなかった」が67.4%と、肯定的な意見が上回る結果となった。リスクが懸念される一方で、学校側や親にとっても、生成AIを活用することで効率的な学習や創造的な表現が促進される可能性を認識、期待していると予想できる。

●宿題のサポートに最も多く選ばれたツールは「ChatGPT」、7割以上の学生が利用
夏休みの宿題や課題のために生成AIを活用した学生182人に対し、実際にどのようなツールを活用したのか調べた結果、最多は「ChatGPT(134人)」で、利用者の7割以上が利用していることが分かった。2位以降は「Bard(33人)」「Bing Chat(31人)」と続く。5位に選ばれた「宿題ポケット」は、考え方や解き方を導くことを目標とした中高校生向けのAI家庭教師アプリ。
画像生成AIで名前が挙がったサービスは「Stable Diffusion」のみだったことから、宿題の内容にあわせ、情報収集や文章作成などの目的で広く利用されるツールを選んでいると思われます。

●生成AIを利用した学生の約9割が、宿題が「捗った」と実感
生成AIを利用したと回答した学生のうち、宿題が「捗った」と感じた人は85.7%、「捗らなかった」と感じた人は14.3%だった。利用した学生の9割近くが、宿題を進めるにあたり役に立ったと考えているようだ。

●捗ったと感じた理由
それぞれに理由を聞いてみると、生成AIのおかげで宿題が捗ったと感じている人では、「情報収集を効率的に進められた(94人)」、次いで「複雑な問題を簡単に解決できた(65人)」、「文章の質が向上した(58人)」となった。

●捗らなかったと感じた理由
捗らなかったと感じた学生の回答を見てみると、「生成AIの回答や提案が不正確だった」「自分の学習理解が浅くなった」「情報の信頼性に疑問を感じた」が上位に選ばれた。生成AIの活用は、学習に悪影響を及ぼす可能性があるとして大人が懸念している点を、子ども自身も実感しているようす。
また、一部の学生は「操作が難しかった」「得られる情報が宿題に合わなかった」等、うまく活用できなかったことを理由に挙げている。

●生成AIを活用した宿題TOP3は「論文・レポート」「数学の問題」「読書感想文」
生成AIを活用した宿題TOP3は、1位「論文やレポートの執筆(103人)」、2位「数学の問題を解くこと(65人)」、3位「読書感想文の作成(48人)」だった。
情報収集や文書・資料作成を効率化する以外にも、外国語の翻訳やプログラミング、芸術の課題など、さまざまな分野で生成AIが活用されていることがわかった。

●生成AIの使い方は学校や親に聞くよりも、インターネットで調べる
最後に、生成AIの使い方を学んだ方法について聞いたところ、最も回答が多かったのは「インターネットの記事やブログ(65人)」、次いで「学校で質問した(52人)」、「YouTubeや動画サイトでの解説(49人)」という結果だった。学校や親に質問した人よりも、インターネットやSNSで自主的に調べた人の方が多い結果となった。自分の課題に対し、どのように生成AIが活用できそうか情報を収集し、取り組んだ学生が多かったと考えられる。

■調査概要:
調査対象:全国の10〜20代の男女533人調査機関:株式会社ジャストシステム調査方法:インターネット調査調査期間:2023年8月24日〜2023年8月30日有効回答数:533人◇性別 男性:256人 女性:277人◇年齢 15歳〜19歳  388人 20歳〜29歳  145人※このアンケート結果は小数点以下任意の桁を四捨五入しているので、合計が100%にならない場合がある。「Appliv」はこれからも、ユーザーにとって「自分の目的に合ったアプリと出会えるサービス」として、スマートフォンを通じ、人生を豊かにする新しい情報体験を届けていくとしている。
【Applivについて】:
あなたの「欲しいアプリ」が見つかる。2012年にサービス開始以来、アプリ掲載数6万件を超える国内最大級のアプリ情報メディアに成長。ユーザーのニーズに合った、スマートフォンアプリに関連する情報を、幅広く提供している。URL:https://app-liv.jp