ウルトラマンやガンダムを現実世界に召喚する!?  Googleの不思議な検索機能

写真拡大 (全8枚)

自分の部屋や、いつも散歩する小道、
そこにウルトラマンやガンダム、エヴァンゲリオンが現れたら……。

そんな空想を現実のものにしてくれる機能がGoogle検索に用意された。

もちろん、現実の世界に現れるわけではないが、現実の映像とキャラクターを重ね合わせるAR(拡張現実)技術により、現実に不思議な世界を体験できるのだ。


●ウルトラマンを自分の部屋に召喚する
まずは、次の画像を見てほしい。
筆者の狭い仕事部屋にウルトラマンを召喚したところだ。


筆者の仕事部屋にウルトラマンが現れた。

これはスマートフォンのGoogle検索に用意されたAR機能である。
GoogleアプリやChromeで「ウルトラマン」「エヴァンゲリオン」などの、おなじみヒーローを検索し、[3D表示]をタップしたあと、現実のカメラ映像とキャラクターを重ね合わせたのである。

手順は次のようになる。


iOS版のGoogleアプリで「ウルトラマン」を検索し、[3D表示]をタップする。


ウルトラマンの3D映像が表示されたら、[実際の風景に表示]をタップする。


スマホのカメラ映像が表示されるので、カメラを動かしてウルトラマンを表示する場所を探す。表示する場所は、自動的に認識される。


ウルトラマンが現れて、部屋の画像と合成されて表示された。

この状態では、キャラクターをドラッグして動かしたり、2本指でピンチアウト/インして拡大/縮小したりすることもできる。また、[実物大で表示します]をタップすると、キャラクターが実物大になる。巨大なキャラクターを部屋の中で実物大にすると、天井を突き抜けて表示されることになる。


[実物大で表示します]をタップすると、ウルトラマンが部屋を突き抜けて表示された。

中央の丸いボタンは撮影/録画ボタンだ、タップすると現在の映像が撮影できて、長押しすると録画できる。もとの画面に戻すには、左端の立体四角形のボタンをタップすればいい。

なお、3D表示できるキャラクターは次の14種類だ。

・ウルトラマン
・ウルトラマンゼロ
・ウルトラマンベリアル
・ゴモラ
・エヴァンゲリオン
・オデュッセウスガンダム
・Ξガンダム(クスィーガンダム)
・ペーネロペー
・こぎみゅん
・太鼓の達人(どんちゃん)
・パックマン
・ハローキティ
・ポムポムプリン
・リトルツインスターズ(キキとララ)

ちなみに、この機能は「ペンギン」や「カブトムシ」「ティラノサウルス」など、動物・昆虫・恐竜の名前を検索しても利用できる。検索結果に[3D表示]ボタンがあれば、それをタップするだけだ。

とても面白く、そして楽しい機能なので、ぜひ試してみてほしい。


「ペンギン」で検索して3D表示した例

Google Japan Blog
井上健語(フリーランスライター)