商品力につながる差別化とまではいかないのが理由のひとつ

 クルマに給油するときの作業といえば、フューエルリッドを開けて、キャップを外して、給油ノズルを刺してレバーを引く……といったものだが、いちいちキャップを外すのは面倒だ。

 最近のクルマではキャップがボディ側と樹脂製コードなどでつながっているので失くしてしまうことは少なくなったが、それでも閉め忘れてしまうといったミスは起こりがち。そこで給油のときにキャップを外さなければいいだろう、ということで生まれたのが「キャップレス給油口」。

 給油ノズルを差し込むとバネなどによって閉じられているフラップが開き、ワンタッチで給油を開始できるアイテムだ。セルフ給油の歴史が長いアメリカで販売されているクルマには採用例が多く、また後付けでキャップレスにできるパーツも売られている。

 とはいえ、国産車での採用例は非常に少なく、ホンダ・レジェンドと日産セレナくらいしかない。一度使ってしまうと非常に便利だと実感できる「キャップレス給油口」だが、普及に弾みがつかない理由はあるのだろうか?

 筆者は、日本でセルフ給油が解禁される頃、アメリカから輸入したキャップレス給油口に改造するパーツを利用していたことがある。改造といっても純正のキャップを、フラップ型のタイプに変えるだけのシンプルなものだった。

 それでも、給油のたびにキャップを外したり、締めたりという行為が不要になるのは、想像以上に手間を省くことになると実感した。使い始めた頃は「ガソリンが漏れてきたり、匂ったりするとイヤだなあ」と思っていたが、後付けパーツでもそうした問題は起きなかった。むしろ、ガソリン給油時にキャップを付け忘れるというリスクがなくなるメリットのほうが大きいと感じた。

 ともかく、セルフ給油で給油ノズルをそのままスッと刺せる利便性は大きく、この手のキャップが増えていくだろうと予想したものだ。もっとも、その予想は外れ、前述したように国産車での採用例は増えないままとなっている。

日本でよく見かけるギリギリ満タン給油は難しくなる

 そこには日本の自動車ユーザーが「ギリギリまで満タンにしたい」というニーズがあるからかもしれない。フラップ式のキャップレス給油口では基本的に給油機が自動停止してからの継ぎ足しはNGだ。というのも中の様子がほとんど見えないからだ。

 通常のキャップ型であれば給油パイプの中を覗くことができるため、自動停止してから少しずつ継ぎ足しできる。フルサービス給油では、給油レバーを微妙にコントロールしてギリギリまで燃料を入れている様子を見ることもあるだろう。

 また、セルフ給油でも同様にチャレンジしているユーザーはいるようだ(推奨できる行為ではない)。そうしたギリギリ満タンを望むユーザーにとってキャップレス給油口は嫌われるのかもしれない。

 とはいえ、ギリギリ満タンにするメリット自体さほどない。せいぜい次の給油までの距離が少し稼げるくらいのものであって、それによって燃費がよくなるわけではない。よほど一回での航続距離にこだわっているのでなければナンセンスな行為だったりする。

 それよりも、雨の日のセルフ給油でもキャップを触らないで済むなど手が汚れづらい、手や袖口にガソリンの匂いが付きづらいというメリットのほうがよほど大きいといえる。合理的に考えれば、コストが許せばキャップレス給油口にしない理由はない。ボルボやキャデラックが採用しているのは、そうした思考によるものだろう。

 一方で、どんなに合理的であっても変化を嫌う層は存在するし、またできていたこと(この場合はギリギリまでの継ぎ足し)ができなくなることへの反発が起きることも容易に想像できる。

 メリットといっても給油時におけるキャップの脱着の手間が省ける程度だと考えると、それが商品力につながるほどの差別化とはいえない。多くの自動車メーカーが、そう考えているから採用例が増えないといえそうだ。