藤井六段も参加していた(時事通信フォト)

写真拡大

 藤井聡太六段(15)の活躍を目にして、自分も将棋を指してみたい──そう思っても、近所に将棋クラブがなかったり、あっても実力に合う対戦相手がいなかったりと、なかなかうまくいかない。そうしたなかで、気楽に、空いた時間に楽しめるからと利用者が増えているのが「ネット将棋」だ。『藤井聡太 天才はいかに生まれたか』などの著書があるライターの松本博文氏は、こう語る。

「ネット将棋は、家にいながらいつでも相手を見つけて対戦できるのが魅力です。初めての人にとっても易しいのが、将棋連盟が運営している対局サイト『将棋倶楽部24』と、連盟公認の『将棋ウォーズ』ですね。

 対局成績が数値化され、勝ちを重ねれば段級が上がっていくレーティングシステムが組み込まれています。この2つのネット将棋で段級を上げていくと佐藤天彦名人(30)、羽生善治竜王(47)の直筆署名が入った日本将棋連盟の免状・認定状(5級〜六段)を取得することもできます」

 ネット将棋には、初心者から、プロ級の腕前の持ち主、さらには本物のプロ棋士まで密かに参加しているという。

「藤井六段も小学校低学年の頃から匿名アカウントで『将棋倶楽部24』を使い始めて、6年生の時点でプロレベルにまで登り詰め、熱心な利用者の間では“やたらと強いのがいる”と話題になっていた。『将棋倶楽部24』や『将棋ウォーズ』はプロ棋士になってから密かに指している人も多いとされ、佐藤天彦名人(30)や渡辺明棋王(33)が愛用してきたことで知られています。

 過去には、ズバ抜けて強い匿名アカウントが突然登場し、“羽生さんがこっそり指しているんじゃないか”などと愛好家の間で話題になったこともある」(松本氏)

※週刊ポスト2018年3月9日号