近畿大研究グループが肝臓がんの新治療法を実証 進行を遅らせる

ざっくり言うと

  • 近畿大医学部のグループが肝臓がんの新治療法を実証したと発表した
  • 既存の二つの治療法を併用することでがんの進行を遅らせるというもの
  • 工藤正俊教授は「肝臓がん患者の希望になることを目指す」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング