飛行機のトイレに高級指輪を落としたら…?

写真拡大

 カタールのドーハから中国浙江省杭州の国際空港に向かっていたカタール航空便で中国人女性乗客が航空機内のトイレで、誤って2カラットのダイヤモンドの指輪を便器に落として、そのまま流してしまった。指輪の値段は30万元(約500万円)だったという。

 しかし、客室乗務員が到着後、空港の清掃部門に連絡。清掃員が汚物まみれになりながら、問題のダイヤモンドの指輪を発見したことが報道され、ネット上では称賛の声であふれたが、一方で指輪を落とした乗客は作業を見ているだけで、手伝わなかったことに批判の声が寄せられている。

 客室乗務員から連絡をつけた空港の清掃部では航空機の汚物をためるタンクからホースで、その中身を大型のビニールプールに流し込んだ。

 そのなかに作業員2人が入り、素手で内容物をかき分けて、約2時間かけて、ダイヤモンドの指輪を発見し、無事に落とし主の乗客の元に戻った。指輪は水で洗った後、薬品で消毒されたという。

 このことがネット上で紹介されると、汚い作業も最後まで投げださずに成し遂げた清掃員の献身的な仕事ぶりに称賛の嵐が巻き起こった。

 その後、浙江省の地元テレビもこの事件をニュース番組で大きく報じたのだが、番組のコメンテーターが「なぜ、落とし主の乗客は清掃員の作業を手伝わなかったのか。普通の神経ならば、落とし主は清掃員に任せないで、自分でも探すべきではないか」と発言。

 ネット上では、「もっともだ。正論だ。落とし主も自分のものなのに一緒に作業に加わるべきだった」との書き込みが目立った。

 また、落とし主の女性が清掃員にお礼も言わずに、そのまま立ち去ったと報じられたことで、「一言でもお礼を言うべきだった。それに、いくらかの謝礼をしてもおかしくないのに、それもしないのは、中国人の恥だ」との過激なコメントも寄せられるなど、落とし主に批判が集中している。