映画『カフェ・ソサエティ』ウディ・アレン監督、クリステン・スチュワートがシャネルの衣装で登場

写真拡大

映画『カフェ・ソサエティ』が、2017年5月5日(金・祝)よりTOHOシネマズ みゆき座ほかで全国公開される。

『カフェ・ソサエティ』の舞台は1930年代のハリウッド。映画産業で働くことを夢見てニューヨークからやってきた青年が美しい女性と恋に落ち、そして時代の象徴とも言える映画スターや著名人が集まるきらびやかな上流階級社会“カフェ・ソサエティ”の熱狂に陥ってゆくロマンティック・コメディだ。

監督は『さよなら、さよならハリウッド』『ブルージャスミン』のウディ・アレン。本作で史上初、3度目のカンヌ国際映画祭の開幕上映作品となる。キャストには『ソーシャル・ネットワーク』で2010年アカデミー主演男優賞ノミネートのジェシー・アイゼンバーグが。ヒロインを演じるのは『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート。そのほか、ブレイク・ライブリー、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージーなど華やかなスター俳優が顔を揃える。

また衣装にも注目。劇中では、クリステンがシャネル(CHANEL)のシンプルで美しいドレスを身にまとい登場する。彼女は、シャネルのミューズとして、ファインジュエリーとこの映画のために作られたオフホワイトのシルクとレースのドレスを堂々と着こなしている。ウディ・アレンが描き出す、ハリウッドのエレガントで華やかな世界を垣間見ることができる本作。是非劇場へ足を運んでみてはいかがだろうか。

【ストーリー】
もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

【作品情報】
映画『カフェ・ソサエティ』
公開:2017年5月5日(金・祝)
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージー
2016年/アメリカ/英語/1時間36分/日本語字幕
© 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.


[写真付きで読む]映画『カフェ・ソサエティ』ウディ・アレン監督、クリステン・スチュワートがシャネルの衣装で登場

外部サイト

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』主演・山賢人で実写化、監督は三池崇史
  • ドキュメンタリー映画『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』
  • 音楽家・坂本龍一のドキュメンタリー映画 - 5年に渡る密着取材とこれまでの音楽的探究を追う