18日、韓国のダンスボーカルグループBIGBANGの中国ツアーで偽チケットが大量に販売され、分かっているだけで200万元(約3400万円)に近い被害が出ている。

写真拡大

2016年3月18日、韓国のダンスボーカルグループBIGBANGの中国ツアーで偽チケットが大量に販売され、分かっているだけで200万元(約3400万円)に近い被害が出ている。網易が伝えた。

【その他の写真】

17日、河南省鄭州市で開催されたBIGBANGのコンサートでは、会場の外で大量のチケット不正取引業者が横行。1枚2万元(約34万円)を超える高値チケットまで販売されたほか、地元公安局には偽チケットをつかまされたとして、被害者からの通報が殺到した。中国版ツイッター上には、偽チケットを買った人が柵を乗り越えて入ろうとする姿を捉えた写真などが登場し、会場のすさまじい混乱ぶりを伝えている。

もともと中国で人気の高いBIGBANGだが、今回のツアーについてはチケット争奪戦が過熱。今後メンバーが次々に兵役に就くとの情報があり、次に全員そろった姿を見られるのは7年後と言われているためだ。

今月11日に上海からスタートしたツアーでは、1480元(約2万5000円)のチケットが、取引サイトで4万元(約69万円)にまで跳ね上がり、「上海の地価高騰よりすごい」と言われるほど。偽チケットについては、全国での被害総額は分かっているだけで200万元(約3400万円)近くになるが、まだ数カ所での開催を控えているため、この金額はさらに増えると予想されている。(翻訳・編集/Mathilda)