今どき女子が彼氏と出会う場所は「Twitter」が多い? 学校に次ぐ2位「SNS」の気になる中身

写真拡大

フリュー株式会社「GIRLS'TREND 研究所」が女子高生や女子大生を対象とした「恋愛意識調査」の結果を1月14日に発表した。調査をみると、49.5%は彼氏がいるが、50.5%は彼氏がいないという意外な結果がでている。

さらに、興味深いのが、彼氏と出会った場所だ。

●”イマ”を反映する納得の結果
現在、彼氏がいる女性が、彼氏と出会った場所の調査結果が、コレだ。
学校:56.5%
SNS:20.7%
友だちの紹介:8.7%
バイト先:5.4%
ナンパ:2.2%
職場:1.1%
合コン:0%
その他:5.4%

調査対象が学生ということから、1位が「学校」というのは順当だ。しかし、意外にもナンパや合コンというケースは非常に少ない。注目したいのは、現在を表している2位の「SNS」である。実に20.7%がLINEやTwitterなどのSNSで彼氏と出会ったと回答しているのだ。

まさに「物心ついたときからインターネットがある」、「スマホ全盛期」時代を反映していると言えるだろう。


●出会い意外にも情報収集として使われる「Twitter」
さらに、2014年9月公開の「ソーシャルメディアの意識調査」(GIRLS'TREND 研究所)でもスマホ全盛期」を実感できる調査結果がでている。こちらも対象は女子高生や女子大生だ。

もっともよく使うアプリやサイトについての調査。
1位:LINE 96.1%
2位:Twitter 77.9%
3位:YouTube:51.9%
上位2つのサービスは、両方ともSNSとなっているのだ。
「LINE」は友だちや家族といった実際に繋がりのある人と使うのに対し、「Twitter」は実際の知り合い以外にも、ジャンルや趣味など幅広い人と繋がっているという結果が出ている。

ちなみに、筆者がもっとも利用している「Facebook」は19.5%だった。筆者の感覚でも、「Facebook」は確かに年齢層が高いような気がする。

さらにTwitterは、「知りたいことを知るために一番使っているソーシャルメディアはどれ?」という質問でも、ぶっちぎりの1位(66.7%)を獲得しているほか、「おしゃれ・最先端な情報が得られると思うソーシャルメディアはどれ?」という質問に対しても2位に50ポイント差の74%で1位となっている。

したがって、情報収集やおしゃれという認識でTwitterを使っていると言えるだろう。

●今どき女子はTwitterで知り合う?
ここからは筆者の推測だが、2つの調査結果から、1つのい仮説が導き出される。
現在の彼氏と出会った場所は、学校以外では「SNS」が多く、「LINE」は実際に知っている人間との連絡用に使われている可能性が高そうだ。逆にSNS利用で僅差の2位「Twitter」は、趣味や興味のあるジャンルといった新しい出会いが多いのではないだろうか。

スマホの普及で、いつでもどこでもSNSで繋がる出会いという自由なスタイルが現実の形になっていると言える。とはいえ、出会い系トラブル同様に、SNSでの繋がりも十分な注意が必要だということも忘れてはいけないだろう。


女子高生・女子大生を対象とした「恋愛事情に関する意識調査」|フリュー株式会社
女子高生・女子大生を対象とした「ソーシャルメディアに関する意識調査」|フリュー株式会社
布施 繁樹