ロボットを手に持つテクノロジア株式会社 荒井貞博氏(右)と、アキバガイドのメイドさん(左)

写真拡大 (全6枚)

2009年5月8日、秋葉原にまた一つロボットの聖地が誕生した。「Robot Shop テクノロジア」だ。
オープンに先立ち、5月7日に開催された内覧会のレポートをお届けしよう。

「Robot Shop テクノロジア」(テクノロジア株式会社)は、長年ロボットの普及に貢献してきた九十九電機「ロボット王国」の店長であった荒井貞博氏が興したロボットショップということもあり、内覧会にはアキバガイドのメイドさんとして有名なマスダさんも応援に駆けつけるなど注目を集めている。

■ファン・業界のあつい要望からロボットショップを再び - テクノロジア株式会社 荒井貞博氏
荒井氏といえば、ロボット業界の中では知る人ぞ知る重鎮のひとりだ。二足歩行ロボットによる競技大会「ROBO ONE」のオフィシャルジャッジであり、九十九電機「ロボット王国」の店長を長年にわたりつとめ、ロボット愛好者から「国王」という愛称でも親しまれている。

テクノロジア株式会社 荒井貞博氏

今回、荒井氏が「Robot Shop テクノロジア」をオープンした理由は、パーソナルロボット市場の活性化とロボット技術の応用による教育市場の活性化、および日本の技術進化を担う若い技術者の育成を支持したいという思いからだという。

ご本人は、好きなお酒の店を持ちたかったそうだが、ロボット開発企業から「作ったロボットの販売場所がない」という声や「トータルで部品を選べる場所が欲しい」とのロボット愛好者からの要望もあり、ロボットショップを作る決心をしたとのことだ。

■日本の特徴であるロボットの技術を担う人を育てたい
「Robot Shop テクノロジア」では、人気の二足歩行ロボットを中心にロボコンをはじめとするロボット競技大会向けの部品を揃えているが、さらに画像認識など研究向けのロボット部品についても扱っていきたいという。荒井氏は、
「日本社会の特徴あるロボット技術を担う若い人たちを育てていきたいし、学習系のキットも増やしていきたい。今後いろいろなお客様、メーカー様と接しながら商品開発の面でもコラボレーションがとれればと考えている」と、新しい「ロボット王国」の未来を語った。

「Robot Shop テクノロジア」の店内のロボットたち「Robot Shop テクノロジア」の店内

「Robot Shop テクノロジア」
テクノロジア株式会社

■関連記事
アキバにロボットバーも? 「銀河鉄道999」の世界と新聖地「Robot Shop テクノロジア」