皇治に右フックを放つ五味隆典=さいたまスーパーアリーナ(撮影・金田祐二)

写真拡大

 「RIZIN.26」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 初代PRIDEライト級王者の五味隆典(42)=イーストリンカンラスカルジム=が、元K−1トップスターの皇治(31)=TEAM ONE=とパンチのみの立ち技特別ルールで対戦し、判定2−0で勝った。

 体重差が大きいことから両者12オンスグローブで戦ったが、壮絶な殴り合いとなった。五味の重いパンチに対し、皇治はスピードのある回転のいいパンチで対抗。KO決着はならなかったが、勝利した五味は「大晦日、判定ダメだよ!」とPRIDE時代の自身の名言を皮肉っぽくリング上で叫んだ。

 21日の会見では皇治から「昔は“火の玉ボーイ”だったかもしれないけど、今は“金玉おじさん”」などと挑発された。五味は「理解できない」と不快感を示していたが、体重差がある中で果敢に打ち合いに挑んできた闘志は認めた様子で、「捨て身の根性と気合は感じた。本当はKOして『金玉ついてんだろ』と言い返したかったけど。鼻血出しながら食いしばって前に出てきた気迫には押されたところはある」とうなずいた。

 ただ、最近の格闘界で、動画やSNSなどの“場外乱闘”に主軸を置く選手が多いことが気に入らない様子の42歳。「挑戦したいってヤツはまずはジムに来いって感じ。特訓をつけてやるから。YouTubeで目立ちたいのとか、強くなりたいのとか、めちゃくちゃですよね。便乗したりとか…」と玉石混交ぶりにへきえきといった口ぶりで、「格闘家のSNSだなんだとか…嫌んなるね。リングに上がって熱い試合をお客さんに見せるのが先」と持論を語った。

 自身は今後もボクシングルールでの試合に意欲を示しつつ、MMAでの試合については「レスリング、打撃、寝技…全部やる体力はちょっと難しい。とんでもない練習量になるので、それは無理ですね」と弱気発言。「引退はしないけど、何かいいカード、燃えるような話が来れば考えます」とけむに巻いた。