ドコモ5Gルーターが店舗に入荷せず。予約購入を呼びかけ

NTTドコモは、6月から販売しているシャープ製5Gルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」の在庫状況について言及しました。

この数か月間、SNS上で『NTTドコモの5Gルーターが入手できない』『予約してもなかなか入荷しない』といった投稿が相次いでいます。

これについて、NTTドコモの広報担当者は『本商品は個人でも購入できるが、法人向けにも販売しているため、常に店頭で在庫を保有しているわけではない』といいます。その一方で『予想を上回る需要に供給が追いつかず、品薄状態が続いているというわけではない』とも説明しています。

SH-52Aは、28GHz帯などの高周波帯(ミリ波)とSub6帯の両方に対応する製品。受信時最大4.1Gbps、送信最大480Mbpsの高速通信が行えます。有線LANポートも内蔵しており、箱に同梱されているUSB3.0ケーブルを接続することでUSBテザリングも利用できます。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、固定回線やモバイルWi-Fiルーターをテレワークに活用する人が増えていますが、NTTドコモによれば、現在も(8月11日時点で)入荷のめどがたっていない店舗があるとのこと。店舗の混雑緩和の観点からも、予約購入を行うよう呼びかけています。

関連記事:シャープ、「5Gモバイルルーター」を発表。サブ6+ミリ波対応で下り4Gbps・上り800Mbps

外部サイト

「NTTドコモ」をもっと詳しく

  • NTTドコモ、「ミリ波を利用した5Gサービス」を提供開始
  • 「ドコモ口座事件」はなぜ起こったのか 業績アップに焦ったことが仇に?
  • 携帯電話大手3社の株価が軒並み急落 菅首相の値下げ姿勢に懸念