中学1年の少女に現金を渡してみだらな行為をするなどしたとして、前橋署などは12日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春、製造)や強制性交などの疑いで、高崎市矢中町の会社員、江間大輔被告(31)=同法違反などの罪で起訴=を再逮捕した。

 容疑を認めている。逮捕は3回目。

 再逮捕容疑は8月15日午後、宇都宮市内のホテルで栃木県に住む中学1年の少女(12)に現金1万2千円を渡してみだらな行為をし、スマートフォンで動画を撮影したとしている。

 同署によると、昨年7月に会員制交流サイト(SNS)で少女と知り合ったという。