魚の加工用機械を停止しないまま内部を掃除させ、従業員の男性(46)に重傷を負わせたとして、銚子労働基準監督署は10日、労働安全衛生法違反の疑いで千葉県旭市の水産加工業、「鈴木安太郎商店」と同社の男性社長(64)を千葉地検八日市場支部に書類送検したと発表した。

 調べに対し、社長は容疑を認めているという。

 書類送検容疑は昨年3月9日、サバの内臓を取り出す機械を停止しないまま内部を男性従業員に掃除させ、歯車に右腕が巻き込まれるけがを負わせたとしている。男性は右手首の切断を余儀なくされた。

 労働安全衛生法では、機械の掃除をする際、危険防止のため機械を停止するよう定めている。