「ダウンタウンなう」に登場した堂珍嘉邦。歌番組「HEY!HEY!HEY!」にはCHEMISTRYとして20回出演

写真拡大

毎週ゲストと酒を酌み交わしながら本音でトークする「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の企画「本音でハシゴ酒」。11月10日放送のゲストとして、歌手のCHEMISTRY(堂珍嘉邦、川畑要)が出演、活動休止と不仲説について、真相を告白した。

【写真を見る】浜田雅功から「訳分からんグラサン(顔の下に)掛けてた」とぶり返された川畑要

CHEMISTRYは、「ASAYAN」(テレビ東京系)の男性ボーカリストオーディションでデビューするや否やミリオンセラーを記録し、一気にトップアーティストの仲間入りを果たしたが、2012年に突然の活動休止を発表、不仲説がささやかれながらも、今年活動再開を発表した。

「活動休止はなぜなの?」と浜田雅功が問いただすと「単純にソロでやりたかった」と川畑。言い出したのはどっち?」と坂上忍が尋ねると「どっちかっていうと俺かもしれない。ソロだと規模が違ってくるので、CHEMISTRYでできなかったことができる」と堂珍。

「仲悪かったんですよね?」と飲み仲間の菊地亜美が世間の疑問をストレートにぶつけると「いやいやいや」と2人。川畑が「お2人(ダウンタウン)は子供の頃から同級生。そういうのがないので、仕事のパートナーだったりっていうのが…」と2人の適度な距離感を説明した。

「再結成もどっちかが言い出さなかったらないでしょ?」と坂上が振ると「再結成は僕から連絡をしました。2015年の元旦だったんですよ。音楽番組を見ていて、2人しかできないことを感じたんです」と川畑が堂珍に「ライブでもする気ない? 近々飯行こう」とメールしたところ、返事は1週間後だったという。

「自分の中で意見がまとまるまで時間がかかったといいますか、元旦という改まる時にメールをもらったんで、思いの重さっていうのを感じて」と堂珍が弁解すると、「1週間ぶりに来たメールが『今夜どう?』でしたからね」と川畑が苦笑いした。

ほか、この日のゲストには俳優の三浦貴大、國村隼も登場。三浦は友人である夏菜から意外な素顔を暴露され慌てる場面も。また國村とは、30年前に関西のローカル番組でダウンタウンと共演していた話題で盛り上がった。

次回は11月17日(金)夜9時55分からの放送、ゲストには梨花、関ジャニ∞・丸山隆平が出演予定。