アルコールも!? 体臭がキツい人のNG食習慣3つと改善方法

写真拡大

暑いこの季節、汗の臭いなど体臭が気になりませんか?

自分が発する体臭は、自分では意外と気付かないものですよね。「いやいや、自分でもクサいよ〜」と感じている人は、周りはもっと不快な思いをしているのかもしれません。

こまめに汗をふいたり、制汗剤に頼ったり、対策をされている方も多いかと思いますが、もっと根本的に汗のニオイを食生活から防いでみませんか?

今回は、管理栄養士有資格者のHARUKAさんに“体臭がきつくなるNG食生活3つと予防法”についてお伺いしてきましたので、ご紹介します。

 

■NG1:肉中心の食生活

肉中心の食生活を送る欧米人には、体臭のきつい人が多いと一般的にいわれています。

肉はタンパク質や脂質など、体に大事な成分を含む一方、これらが体臭の原因となっているのです。

タンパク質が腸の中で分解される際にアンモニアを発生し、血中に運ばれたアンモニアが汗腺から出たときに“不快な体臭”となります。

また、タンパク質の消費のためには多くのエネルギーを必要とし、そのエネルギーが熱を起こし、汗をかきやすくします。

不快な体臭を出す汗がたくさん出るとなると……もはや“近寄りがたい人”!?

 

■NG2:日常的にニンニクを摂取する

カレーをよく食べるインド人はカレーやスパイスのニオイ、キムチをよく食べる韓国人はニンニクのニオイがするといわれることがあります。

毎日食べる刺激物は、口臭だけでなく体臭にも現れることがあります。ニンニクを日常的に食べる人は、体内で分解されなかったニンニクの成分が、血流に混ざって汗腺や口から出てくるために体臭となってしまうのだとか。

“体内で分解されない”理由には、多量摂取による理由のほかに、体の機能が低下している可能性も考えられますので、体調にも注意が必要です。

 

■NG3:アルコールを摂取する

ビールやワインなど、アルコールは臭いを増強させる作用をもっています。

アルコールを摂取すると、体内で分解されたあと“アセトアルデヒド”というニオイの強い物質を発生させ、尿から排出する以外に汗や呼気となって出てきます。

同時にアルコールは発汗作用がありますので、汗もかきやすくなります。

顔にでなくても、アルコールを飲んだ人がわかるのは、こういった理由があるのです。

 

■体臭を防ぐには

体臭を防ぐためには、抗酸化作用のある食べ物がおすすめです。

肉やアルコールは体内に活性酸素を発生させます。本来、活性酸素は細菌やウイルスと戦うために必要なものなのですが、増えすぎると体内を酸化させ体臭になります。

増えすぎた活性酸素を減らすには、野菜や果物といったファイトケミカルをたくさん含むものを食事に摂りいれましょう。ファイトケミカルは、ほとんどの野菜に含まれていますので、積極的にいろいろな種類の野菜を摂取したいところ。

煮込む場合は、ファイトケミカルがスープに流れ出てしまうため、スープも一緒に飲むように心がけてください。

ちなみに、ニンニクもファイトケミカルを含む食品の1つです。しかしニンニクの多量摂取は前述した通り、体臭に繋がることがありますので、普段からよく食べている人は量を減らすようにすることが体臭の予防になります。

 

以上、“体臭がきつくなる食生活3つと防止法”をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

HARUKAさんによると、便秘も“体内の老廃物を溜め込んでいる”ため、体臭に繋がるんだとか。そういった意味でも、野菜や果物を摂ることは重要ですね。

まだまだ汗をかく季節は続きますので、体臭予防に食生活を見直してみてください!

(ライター 沖田かへ)

 

【関連記事】

※ ダイエットで…体臭キツ子に!? 「無理なダイエット」が引き起こす健康被害4つ

※ 医師が教える「ニオイの原因」最もケアすべきは衣服と判明

※ 口臭キツ子はイヤ〜!「お口のニオイ」を悪化させてしまうNG習慣4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ 乳首の黒ずみがみるみるキレイ!? あの美容外科が監修したクリームで愛され美乳に

 

【姉妹サイト】

※ 野菜くずを煮るだけ!簡単ダシ「ベジブロス」で夏バテ知らず

※ え…5分の入浴で!? どんなにズボラでも絶対続く「痩せる習慣」3つ

 

【画像】

※ Piotr Marcinski / Shutterstock