130607movie01.jpg


世の全てはグーグルの掌の上で...。

どうやらグーグルは、グーグル検索とクリック数の統計によって映画の興行成績を予測することができるのだそうです。同社によれば、その精度はナント94%!

同社が『Quantifying Movie Magic with Google Search』と題した資料によれば、ある映画についてグーグルで検索されている数と、その映画の興行成績との間には一定の相関関係があるとのことで、資料中では具体的なグラフでそれを示しています。


130607movie02.jpg


上のグラフでグレーの折れ線がグーグル検索数、赤い破線が興行成績を示しており、確かに一定の相関があることがわかりますね。

130607movie03.jpg


資料では折れ線グラフや散布図を用いた分析がなされているので、統計学や英語の論文に興味がある方は、良質な教材としてもぜひご一読いただければと。

もっとも、グーグル検索だけで全てがわかるわけでは決してなく、映画が上映される劇場の数やホリデーシーズンだったりというような公開時期についても変数として加味した上で、冒頭に挙げた94%という正確さを算出しているのだそうですよ。

この資料では映画についての分析を行っていましたが、コレってもしかすると他にも様々な分野に応用できちゃったりするんじゃないでしょうか?


130607movie04.jpg


今やモノを買うときに、まずはウェブで検索して調べてみるのが当たり前になった時代。他の商品にも同じようにグーグル検索と売れ行きの相関関係がありそうで、マーケティングをする人なら喉から手が出るほど欲しい情報がグーグルには大量に埋まっていそうな気配がしますね。


え〜と、個人的なお願いなんスけど、グーグル様...前評判ばかりでイマイチな映画を見極める方法も...お願いできないものでしょうか...?



Quantifying Movie Magic with Google Search [Think Insights - Google]

(ワタナベダイスケ)