livedoor レンタルサーバ

写真拡大 (全9枚)

日本中が沸いた北京オリンピックも終わり、今の日本を見渡すと原油高による物価高騰などから出費の増加や収益・収入の目減りといった景気のかげりで元気がダウンしている。景気対策を期待されていた福田首相も臨時国会前に辞任発表と頼れるものが次々と減ってきているわけだが、ここはやはり金メダリストの北島康介選手を見習って他力ではなく自力で勝利を勝ち取りたいものだ。

実社会の経済が頼りない今、北島康介選手のように勝利を掴むには、やはりインターネットだ。

今までは技術スキルがある人や企業しかできなかったインターネットビジネスが、低価格で高機能なレンタルサーバドメインの値下げで誰でもが参入できるようになったのだ。

インターネットは実社会のように時間と物理的な制約がないことから、少ない時間、少ない労力、地域・場所などに制限されずに成功を掴めるチャンスがある世界だ。もちろん日本だけなく世界にも繋がっているわけだから実社会よりも一攫千金のチャンスは大きい。
またビッグビジネスだけでなく、意外とサイドビジネスのようなスモールビジネスでも成功しやすいことでも知られている。

livedoor レンタルサーバ国内最安値キャンペーン

■副業から本業まで多様化するネットビジネス
一般にインターネットビジネスといえば、Eコマースをイメージする人も多いだろう。Amazonを筆頭に大企業もネット通販には参入しており、ファッション・食品・パソコン・家電など様々な商品を販売しているが、ネットで売るものは何も大企業の製品ばかりではない。例えば、コンビニで売っている食玩とよばれるフィギュアなどは小規模の企業や個人に至るまでネット販売していたりする。

さらに製品を売るだけでなく、最近はメディアビジネスも盛んだ。ブログなどをベースに情報発信や書評などでネット広告(Adsense、アフィリエイトなど)を活用して収益をあげている。企業参加だけでなく、個人から法人化といった流れも増えており、サイドビジネスからメイン事業としての展開まで多様化をみせている。

これだけおいしいネットビジネスだが、これまでネットビジネスに参入するには、資金とスキルが必要だったのだが、最近は事情が大きく変わってきたのだ……。

■誰でもできるネットビジネス時代へ
一般にインターネットでホームページを公開したりするだけなら既存のインターネットプロバイダを利用するだけで十分だが、ネットビジネスをするとなるとちょっと事情が違ってくる。ISPなどの既存のプロバイダでは、ビジネスを行うには制限やデメリットが多いのだ。

ネットビジネスには、顧客管理やセキュリティの確保、検索やアクセスのしやすさが求められる。こうした要素をクリアするためには、独自のドメインやサービス用のサーバが必要となる。

独自のドメインは、インターネットの住所にあたるもので、民間アパートやマンションのような既存のプロバイダではなく、ビジネスでは自分の店舗や会社でなければ信用度も自由も大きく違ってくる。また最近では個人情報の流出やサイト攻撃などもありセキュリティ機能やトラブル対応などサーバ管理の面からも保守は重要だ。

つまり今までは、ドメイン費用やサーバ設置・管理ができるスキルが必要とされていたのだが、面倒なセキュリティや管理・保守に対応した格安なレンタルサーバの登場とドメイン費用の値下げで、ネットビジネス参入の敷居が格段に低くなっているのだ。
また、既にネットビジネスを展開している企業にとっては、現在より大幅なコストダウンと他界安全性により、レンタルサーバを利用することで業績をアップできる。

■低価格と安全性で成功度をアップさせるlivedoor レンタルサーバ
livedoor レンタルサーバは、大容量・高機能・高セキュリティながら低価格なサービスを相次いで提供を開始している。また国内最安値のドメイン提供キャンペーンも開始しており、ドメイン取得からサーバ運用までを低価格で実現できるようになった。

livedoor レンタルサーバは、150GBクラスで 9,870円/月(アドバンスLIGHT)と、業界標準と比べて5割〜7割の低価格とウィルスチェックなどのセキュリティサービスも標準提供されている。

共有型サーバ仮想専用型サーバ専用型サーバ

共有型サーバ機能仮想専用型サーバ機能専用型サーバ機能

また、初心者で扱えるサーバ管理ツール「Parallels Plesk Control Panel」の採用と信頼性の高いIBMハードにより初心者でも簡単で安心して操作できることも大きな特徴だ。さらに本来は有料の「livedoor Blog PRO」が無料提供されるのも魅力だろう。

■レンタルサーバ導入の実際のメリット
レンタルサーバを活用したビジネスは、実際にどのようなメリットを提供してくれるのだろうか?
起業ではないが、すでにネットビジネスを展開中の企業である、少数精鋭でWebのデザイン・企画・制作やカタログなどの販売促進を手がけるクリエイティブ集団 ジェイフォックス株式会社にお話をうかがった。

少数精鋭のクリエイティブ集団ジェイフォックス

ジェイフォックスでは、事業拡大とともに運営する3つのドメインとWebサイト、メールアドレス管理とメールウィルスや迷惑メールの対応の手間が大きな問題となっていたという。
そうした中、ジェイフォックスはlivedoor レンタルサーバへの移行を決意する。

移行先をlivedoor レンタルサーバに決めた理由と移行後の効果を、徳丸、山両取締役はこう語る。
「クリエイティブを扱うにあたってはメールで添付してやり取りすることもあります。以前のサーバだと送信や受信に必要以上の制限があり、業務に支障をきたした場面がいくつかありました。livedoorレンタルサーバへ移行した理由の一つには、選択したプランだと送信制限を自由にコントロールできるためです。また分かり易いコントロールパネルで、電話サポートがついていることもあります」

「3ドメインの契約を別々に処理していたため、それだけ料金はかかっていました。livedoorレンタルサーバだと、1サーバで複数ドメインが管理ができ、以前の1ドメイン契約分の料金で3つのドメインを管理できるようになり、コストも削減できました。ドメインの維持費も、これまでの1/10に下がりました。」

サーバ移行により成果をあげたジェイフォックスでは、livedoorが提供するスパムメール対策UTM「Astaro」の導入を予定しているという。
「Astaroのようにゲートウェイ型のUTMを導入するにあたって、DNSサーバのzone情報を手軽に変更できるlivedoorレンタルサーバとの組み合わせはとても都合が良かったのです。」(徳丸取締役)

「管理の面でも、livedoorレンタルサーバでは、契約する3ドメインのサイトをまるごと一括で管理できるようになり、とても楽になりました。請求書が一本になったことも同様ですね。クリエイタたちがより自分の仕事に集中できるようになったことが一番の成功かもしれませんね。」(山取締役)

低価格、大容量、信頼性! ネットビジネスを加速させる新時代のレンタルサーバ
ネットでの成功者を支援へ 国内最安値に挑戦するlivedoor ドメイン

livedoor レンタルサーバ 新プラン
livedoor レンタルサーバ
ドメイン 国内最安値キャンペーン
ジェイフォックス株式会社