<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全5枚)

つくば市は、「世界のあしたが見えるまち」というヴィジョンの下、平成29年度から革新的な技術やアイディアで社会課題を解決する、Society 5.0の社会実装に向けたトライアル(実証実験)を全国から公募し、優れた提案を全面的にサポートしてきた。
今年度は新型コロナウイルス感染が生活や経済に大きな影響を及ぼしていることから、「With/Afterコロナの生活スタイル 」をテーマとして設定。接触機会を低減しつつ、市民の移動、買い物、娯楽・スポーツ、食事、学び、新しい働き方及び市内経済活動の活性化等の市域の課題を解決するための技術・製品やサービスを全国から広く提案を募集する。

▼ 令和2年度つくばSociety 5.0 社会実装トライアル支援事業の募集概要:

・テーマ
With/Afterコロナの生活スタイル :
接触機会を低減しつつ、市民の移動、買い物、娯楽・スポーツ、食事、学び、新しい働き方及び市内経済活動の活性化等の市域の課題を解決するための技術・製品やサービス

・支援内容
トライアルの実施に係る経費の支援(上限100万円)、施設の確保、モニターのあっせん等 、国等に対する規制・制度改革の提案 、大学・研究機関等とのマッチング 、市のイベント等におけるPRの場の提供など

・対象者
教育機関(中学校〜)・企業(個人事業主も可)・研究機関
※各団体において、責任者と構成員が明確な場合、部署・研究所単位の応募も可

・募集期間
令和2年(2020年)6月1日(月)〜7月31日(金)午後5時15分

・採択件数
5件 →うち1件に「スタートアップ賞」(予定)
スタートアップ(対象:設立5年以内)から最も優秀な提案に授与し、つくば市のスタートアップ支援メニューとあわせて充実した支援を実施(令和2年度も実施)

・提案方法
企画提案書等を、専用Webフォームから送信。
詳細は「つくば市Society 5.0」で検索し、つくば市ホームページの専用ページ(令和2年6月1日(月)午前8時から公開予定)を参照。

・その他
審査会は、オンラインを予定。詳細は、後日ホームページ等で周知予定。

【Society 5.0とは】:
IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの新たな技術を、あらゆる産業や社会生活に取り入れてイノベーションを創出し、一人ひとりのニーズに合わせる形で社会的課題を解決する新たな社会のこと。(内閣府 第5期科学技術基本計画より)

●【参考】つくば Society 5.0 社会実装トライアル支援事業の過年度実績

令和元年度の審査会の模様

▼ 令和元年度提案採択者:

・株式会社トルビズオン
すべての人が安心できる空の道をつくり、ドローン先進社会としてのつくばを世界に発信する「スマートシティに向けた、ドローン配送の社会実装プロジェクト」

・Ambii合同会社
異国にいても安心して医療が受けられる社会にするために

・iRuuza株式会社
Wi-Family 高齢者オンライン計画

・株式会社Doog
新たなモビリティサービスによる移動利便性向上・地域活性化

・国立研究開発法人産業技術総合研究所
つくばで開催 脳の運動会「bスポーツ」! 年齢や身体の障害の有無に関わらず 脳だけで戦う 新競技

■【動画】全国初!つくば市内の大規模住宅街でドローン配送:

● 平成30年度提案採択者:
https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/torikumi/kagaku/1005023/1001863.html
● 平成29年度提案採択者:
https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/torikumi/kagaku/1005023/1005024.html


(ロボスタ編集部)