2人の相談は1時間にも及んだ。左が田中、中央がAさん(4月上旬)

写真拡大

 近年、ドラマやCMに引っ張りだこの女優・石原さとみ(33才)と、最近では60万部の大ヒット写真集で話題になっているアナウンサーの田中みな実(33才)──いま、この2人を巻き込んだトラブルが発生しているという。

 撮影の中止、放送延期の発表が相次ぎ、ドラマの現場も大きく揺れている。4月9日に初回放送予定だった、石原さとみが薬剤師役で主演の『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)もまた、放送開始延期が発表された。

【関連写真11枚】タイトなスリット入りスカートを履いた田中みな実の後ろからのショット、他

 波乱に見舞われた石原だが、実はこのドラマの撮影中、彼女の心を乱すもう1つの出来事が起こっていた。

「石原さんの写真集をめぐって版元の宝島社とトラブルが起きているんです。3年前に発売されたもので、なんでいまさらという感じですが、問題は、田中みな実さんが関係しているということ。事態は簡単に収拾がつかず、大トラブルに発展してしまった」(出版関係者)

 石原さとみと田中みな実に共演歴はない。共通点といえば同い年であるということ、そして同じ宝島社から写真集を出したということだ。

 昨年12月に発売、驚異の売れ行きで、すでに60万部を突破した田中の写真集は出版業界のみならず世間で大いに注目されている。

「くびれや胸元が露わになる際どいショットも多い写真集なのですが、かえって女性の心も掴んだようです。30代の女性敏腕編集者Aさんが田中さんを何度も口説いてようやく実現した企画だったとか。実はその編集者Aさんは石原さんの写真集の担当でもあった。それで石原さん、田中さんが“三角関係”の状態に陥っているのです」(前出・出版関係者)

 2017年に発売した石原の写真集も好調で、2019年には特別版を再度出版。当時、大きな話題となった。

「Aさんはインスタのフォロワーが3万人もいるカリスマ編集者。多くの芸能人の写真集を手がけ、その実績によって芸能事務所から“逆指名”を受けるほど。ところが最近、彼女のプロフィール欄から“出版社勤務”の文字が消えました。

 原因は、石原さんの写真集をめぐる金銭トラブルだといわれています。今年に入ってから、石原さんサイドに写真集の印税が入っていなかったことが発覚したのです。累計発行部数は約20万部で印税は数千万円規模になります。Aさんの業務上のミスという指摘があるそうです」(宝島社関係者)

 幹部による謝罪だけでは解決に向かわなかったと、この宝島社関係者は続ける。

「今回の石原さん主演ドラマに合わせて、3月末〜4月頭発売の宝島社の女性誌は“石原さとみ祭り”の予定でした。同社が発行する『sweet』『SPRiNG』『リンネル』『steady.』の各ファッション誌の表紙が石原さんで決定し、印刷まで済んでいた雑誌もあった。ところが、すべての表紙が石原さんサイドからNGになり、差し替え、発売延期となったのです」

 当然、宝島社は上を下への大騒ぎ。すでに次号の告知用に公開されていた石原が表紙の画像をSNSでアップしているファンに対し、「画像を取り下げてください」と個別に連絡をする事態となった。

「被害額は数億円ともいわれています。この“責任”を担当編集者だったAさんが取って辞めさせられたという格好です。ただ不可解な点も多い。2年前の印税が、なぜこの時期に大きな問題として取り沙汰されたのか。なぜ金銭を支払うことで決着がつかなかったのかということです」(前出・出版関係者)

◆「美容の女王」対決で生まれた微妙な距離感

 石原は2002年にホリプロスカウトキャラバンでグランプリに。16才だった。翌年にNHK連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインに大抜擢。以来、日本のトップ女優の道を走り続けてきた。

「ドラマや映画だけではありません。ファッション誌、美容雑誌の表紙も石原さんの総ナメ状態が続いていました。意志のある眉、ふんわりした涙袋、そしてぽってりした唇は多くの女性の憧れ。“さとみメイク”を特集すると反響もよく、編集部でも常に表紙候補のナンバーワン的存在でした。毎月、女性誌は石原さんのスケジュールの取り合いでしたね」(女性誌関係者)

 一方、田中は2009年にTBSにアナウンサーとして入社。ぶりっ子キャラが話題で、2014年に退社しフリーとなった。

「退社後は女性に嫌われるキャラで苦労していました。あまり仕事もない中、美容雑誌の小さな企画にはよく出ていた。田中さんは“趣味が自分”というほどストイックに体のライン作りとメイクにこだわっている人。細かいテクニックを披露し、読者も徐々に彼女を認めるようになっていった」(前出・女性誌関係者)

 大きな転機は2019年2月に初めて出演した連ドラ『絶対正義』(フジテレビ系)。ドラマ業界も驚く演技力の高さを見せた。ぶっちゃけキャラも浸透し、大ヒット写真集の発売につながっていく。

「以前なら、石原さんと田中さんは別格で比べようもなかった。でも田中さんはここ1年で新『美容の女王』に。いまは彼女のスケジュールをどう押さえるかでみんな悪戦苦闘しています」(前出・女性誌関係者)

 話を戻そう。石原と宝島社、そして敏腕編集者Aさんのトラブルの原因は金銭だけではない――そんな声が石原サイドから聞こえている。

「確かに未払いは大問題。しかし、それだけならお金を払えば解決できたはずです。表紙を降りるなんて前代未聞の事態になったのは、別に理由があるから。石原さんが、とにかくAさんを許せなかったということでしょう。その原因はAさんが田中さんに肩入れし、成功したからです」(芸能関係者)

 田中の写真集の累計発行部数60万部という数字は、極めて異例のこと。比較すると軍配は田中に上がるが、石原の約20万部という数字も通常の写真集では見られない絶好調の結果といえる。

「問題は、同じ出版社、同じ編集者で同じカメラマンが撮影していることです。石原さんサイドとしては、田中さんの写真集が発売される前から心配していたようですが、フタを開けたら結果はご覧の通り。石原さんサイドとしては後ろ足で砂をかけられた気持ちになり、Aさんへの不信感が募っていった。そんな事務所側が抱えてきた不満が、金銭トラブルの発覚と同時に爆発したのでしょう」(前出・芸能関係者)

 こうした騒動は、田中の耳にも届いているようだ。

「田中さんは、初めての写真集を大ヒットさせたAさんを絶対的に信頼していて、ほかの仕事のことも相談するほどだとか。Aさんに降って湧いた退社騒動には関係ありませんが、彼女の今後については心配しているでしょうね。4月上旬、今後について2人で話し合いの場を設けたようです」(テレビ局関係者)

 どんな決着を見せるのか。Aさんを直撃すると、

「退社はまだ決定事項でなくて、現状は宝島社に所属している社員なので何も答えられないんです。この状況は理不尽だと思っています。やっかみですか? …そういうこともあるのかもしれません」

 と、涙ながらに語った。

 騒動の渦中にある宝島社は、

「社員個人(Aさん)のことにつきましては、回答を差し控えさせていただきます。印税のお支払いが遅れてしまったことは、弊社の不手際であり、ホリプロ様に大変申し訳なく思っています」

 と回答した。

 華やかな業界の、3人の女性をめぐる“三角関係”。春のドラマより、こっちの方が気になって。

※女性セブン2020年4月23日号