山本モナはすっかり”いいママ”の顔に

写真拡大

 山本モナ(43才)が第3子を妊娠したことがわかった。

【全身写真】お腹がふっくらしている山本モナ

 令和改元の翌日、東京・麻布十番の商店街を、穏やかな表情のモナが、夫と2人の子供と歩いていた。胸元から下がふわっとしたブルー系のロングワンピースに、淡いブルーのカーディガンを合わせ、足もとはぺたんこのバレエシューズだ。

 モナは数々のスキャンダル後、2010年に不動産会社社長と結婚。2012年に長女、2014年に長男に恵まれた。その長女はお受験を勝ち抜き、この春、都内の有名私立小学校に入学した。

「その学校は保守的な校風で知られています。モナさんは、派手な服装を控えたりメイクを薄くするなど校風になじむ努力をしているようです」(モナの知人)

 この日もほぼすっぴんに見えたが、気になるのは顔よりも、ふっくらしているお腹。道行く人はマタニティースタイルにも見えるそのファッションに振り返っていた。モナは現在第三子を妊娠中なのだ。

 モナは2015年1月より、3人目の妊活に挑んでいた。ブログには『三人目プロジェクト』なる記事を投稿し、排卵誘発剤やサプリをのみ始めたことも明かしていた。だが、モナが乗り越える壁は小さくなかった。

「39才という年齢に加えて、彼女は多嚢胞性卵巣症候群も抱えています。この病気は卵巣で男性ホルモンが多く作られることが原因で排卵しにくくなるもの。モナさんは産婦人科に通い、不妊治療の末に2人の子供を授かっています。そのこともあり、下の子がまだ生後7か月ですが、すぐに3人目に向けて動き出したようです」(スポーツ紙記者)

 排卵誘発剤を定期的に服用しながら、食事や運動などに気遣う生活をスタートさせた。

「それから4年、モナさんがブログで妊活にふれることはほとんどありませんでした。子育てと妊活の両立に挫けそうになったこともあったようです。落ち着いたらブログで報告してほしいですね」(前出・モナの知人)

※女性セブン2019年5月23日号