フォトジェニックなスポットがたくさん!「東京ディズニーセレブレーションホテル」

写真拡大

6月1日(水)、新浦安にグランドオープンした新しいディズニーホテルがキュートすぎる!と話題。今回オープンしたのは、“夢”や“ファンタジー”がテーマの「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」。レストランや宴会場はなく、朝食カフェのみの営業、チェックアウトはセルフでルームキーをボックスに入れるだけなど、シンプルなスタイルのため、今までのディズニーホテルと比べるとリーズナブル。パークの開園15分前に入園できる「ハッピー15エントリー」や混雑時でも入園できる「入園保証」、パークまでの無料シャトルバスなど、宿泊者特典はしっかり付いているので、パークでめいっぱい楽しめそう。そんなホテルの実態をレポート!◆ホテルの中でも夢の世界に浸っていられる


ロビーに入ると迎えてくれるのは、「アリスのティーパーティー」をモチーフにした今にもくるくる回りだしそうなティーカップや、「ジャスミンのフライングカーペット」をモチーフにした色鮮やかなソファなど、間違いなくフォトスポットになりそうなカラフルな光景。
ケースの中に飾られている「プーさんのハニーハント」「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」など、パークで人気のアトラクションのミニチュア模型にも注目。これは実際にパークのアトラクションを建設する際、事前に縮小サイズで作った貴重なものなのだとか。
ホテルスタッフによると、ロビーのどこかには、隠れミッキーもいるという話なので、探してみるのも楽しそう。耳を澄ませばパークと同じBGMが流れていて、エレベーターに乗ればミッキーマウスの声で案内してくれるのも、ディズニーホテルならでは。


中庭には巨大なチシャ猫やてんとう虫など「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のモチーフがトピアリーになっていて、ここもフォトスポットとして人気になりそう。夜になるとパレードさながらにイルミネーションが輝き、全く違う雰囲気に。そして、中央にポツンとあるのは「白雪姫の願いの井戸」。この井戸に向かってお願いごとをすれば願いがかなうかも?

そう、ここは東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの世界観が、1つのホテルに反映されているのが特長。パークで遊んでホテルに帰ってきても、その楽しさや幸せな気持ちをそのままキープできる滞在になりそう。

◆お部屋の中はかわいいアートだらけ!


スタンダードなお部屋はベッドが2台、ソファベッドが2台。大人4名までの定員で1室23000円〜。女子会やファミリーなどグループで利用すればかなりリーズナブル。ドアからカーペットやカーテンまでファンタジックな世界が広がっている中、なんといっても壁のアートがステキ! よく見るとアリスたちの隣にアリエルがいたり、その上にはジャスミンたちが空を飛んでいて、その横にはシンデレラ城が立っていて…など、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのアトラクションやディズニーの仲間たちがひとつの絵に収まっているというとても珍しい光景が。シックな色使いの壁紙にもパークのアトラクションが描かれていて一つひとつ発見するのも楽しい!
さらに夜、ルームライトを消して天井を見ると…そこから先は泊まってからのお楽しみ。

◆テーマの異なる2棟のホテル、もう1つは9月にオープン


今回オープンした「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」に続いて、お隣にはピンクの外観の「東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー」が2016年9月にオープン予定。こちらは“冒険”や“発見”をテーマとしていて、部屋には「ジャングルクルーズ」や「海底2万マイル」などのアトラクションをイメージしたアートが描かれているそう。2つのホテルの雰囲気の違いを味わうために両方泊まりたくなってしまう。こちらのオープンも待ち遠しい!

◆ホテルオリジナルのハンドタオルセットを2名様に


「東京ディズニーセレブレーションホテル」のオープンを記念して、ホテルオリジナルのタオルセット(非売品)を、オズモール会員限定で2名様にプレゼント。日常使いにぴったりなハンドタオルはホテルのロゴが付いた4色セット。

応募締切:2016年6月20日(月)
当選者の発表は賞品の発送をもって替えさせていただきます。発送は6月下旬以降の予定です。

(c)Disney