3月に入って以来、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府の要請を受けて全国の大半の学校が休校している。このため、本来なら行なわれるはずだった卒業式がとりやめとなったり、実施した学校でもたいていは出席者を制限し、時間も短縮するなど変則的な形で行なわれた。卒業式では定番の「蛍の光」も時間短縮、また飛沫感染を避けるため斉唱をとりやめた学校が少なくなかったようだ。【写真】「蛍の光」をアレンジした“