4日、韓国のウェブサイト・mBongに「日本の市民意識」と題したスレッドが立ち、韓国ネットユーザーから賛否の声が挙がっている。写真は日本の地下鉄の駅傘。

写真拡大

2014年11月4日、韓国のウェブサイト・mBongに「日本の市民意識」と題したスレッドが立ち、韓国ネットユーザーから賛否の声が挙がっている。

【その他の写真】

スレッド主によると、豪雨の多かった今年の夏、日本の地下鉄駅の出口横に「ご自由にお使い下さい」と書かれた傘立てが設置されていたという。傘は減るどころか、次第に増えて行くという不思議な現象を目にしたスレッド主は、「ある国(韓国)だったら、おばあさんが根こそぎ持っていって3000ウォンで売るだろう」と述べている。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「日本人は他人の物にはむやみやたらに手を触れない。そういう意識が徹底しているのを見ると『やっぱり先進国だな』と思う」
「これが『先進国』と『経済だけ先進国』の違いか…」

「認めるところは認めなきゃね」
「韓国もこういう部分はお手本にすべき」

「日本は憎らしいけど、100年たっても市民意識が根本的に変わらない韓国を見ると、日本に植民地支配されたのは仕方ないように感じる」
「年配世代を悪く言うより、自分たちの世代からでも変われるように努力しよう」

「日本にも規律を守らない人はいる。ただ全体として守る人が多いから、市民意識が高いと言われてるだけ」
「韓国に対してヘイトスピーチをするような国が、『素晴らしい市民意識を持った美しい国』なの?」(翻訳・編集/まつ・むら)