『台風家族』 ©2019「台風家族」フィルムパートナーズ/PG−12

写真拡大

映画『台風家族』への著名人からのコメントが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

『箱入り息子の恋』などの市井昌秀が監督を務めた同作は、2000万円の銀行強奪事件を起こしてから行方不明になった両親の財産分与のため、事件から10年後に集まった鈴木家の人々の1日を描いた作品。鈴木家の長男でどんな仕事も長続きしない小鉄役を草剛、長女・麗奈役をMEGUMI、末っ子・千尋役を中村倫也、小鉄の妻・美代子役を尾野真千子が演じた。本日9月6日から3週間限定で公開中だ。

同作にコメントを寄せたのは満島真之介、石原良純、山村紅葉、樋口真嗣、白石和彌の5人。

また本編に登場する鈴木家の集合写真が公開。両親の顔部分には、父・一鉄役の藤竜也と母・光子役の榊原るみの20年前の写真が使用されている。そのほか、同作の「オモシロ小ネタ」はオフィシャルTwitterでも更新されるという。

■満島真之介のコメント
屋根を支える絆が、居間のキズとなり今の傷へ。
今日もどこかで、台風のタマゴは愛の暴風域に変わる。
「ご両親へ。お元気ですか」筆を握る僕の手は、無意識に動いた。

■石原良純のコメント
夏の嵐の夜、風を切る電線の音や屋根に叩きつける雨音に怯えた。そんな幼い日の記憶は、誰にでもあるに違いない。
そして、遥か南の海から近づく台風の生暖かく湿った空気は、大人の心も掻き乱す。嵐の中に見るのは、夢か幻か。
嵐の夜が明けた時、人は見慣れた景色のなかに新しい発見をするのだろう。故郷の両親や、近くても疎遠になった兄弟のことが少し気になるかも。あっ、僕も4人兄弟だ。

■山村紅葉のコメント
強盗犯が金ピカの宮型霊柩車で逃げるか?じゃぁ、私は赤い霊柩車で逃げるか?葬儀にも関わらず、笑いの止まらないシーン!その中に、兄弟、親子の過去に遡っての愛憎が、激しく描かれて私も共感したりウチは幸せだと安堵したり…いい映画だったと思った瞬間からの、どんでん返し ドンデン返し、ドンデンガエシ!!二時間サスペンスに500本以上出演していながら、推理失敗!でも、最後にほのぼの…是非、カップル、家族、大事な人と観てくださいね。

■樋口真嗣のコメント
何者にもとらわれなくなったあの男が、遂に全面解禁!無窮自在、誰にも止められない!まさに大暴走の草くんが放つ最大瞬間風速に備えよ!

■白石和彌のコメント
家族のちょっといい話だと思って見たら、とんでもない。これは特大の台風の中を突き進む冒険譚の映画だ。危険を犯さずして望んだ人生には辿り着けない。登場人物全ての顔が脳裏に焼きつく。この映画の先の彼らの人生に幸あれ!