“お嬢”論争に怒りが収まらないデヴィ夫人

写真拡大

9月18日放送の『踊る! さんま御殿』(日本テレビ系、毎週火曜19:56〜)では、“お嬢”論争が勃発。デヴィ夫人が明石家さんまに対し怒りをあらわにする一幕がある。

この日は「若者VSおじさんおばさん!世代対抗トークバトル」と題し、70代のデヴィ夫人を筆頭に哀川翔、長嶋一茂、大久保佳代子、小峠英二(バイきんぐ)、丸山桂里奈の“おじさんおばさん”代表と、20代&10代の河北麻友子、佐野勇斗(M!LK)、中条あやみ、前田航基、山優香、ゆきぽよ、リョウガ(超特急)が、互いの常識をめぐって論争を繰り広げる。

お嬢様育ちのため、『世界の果てまでイッテQ!』で一緒に過酷ロケに挑んでいる出川哲朗から、「お嬢」と呼ばれている河北。さんまがそのことを指摘すると、デヴィ夫人が「“お嬢”は美空ひばり以外いない!」と怒り出す。デヴィ夫人は以前からこの呼称に異を唱えているため、河北は否定され続けてうんざり。「“平成のお嬢”でどうですか?」と提案するもすぐに「ダメ」と却下。頑なにゆずらないデヴィ夫人にまわりから「そういうのが古いんですよね」と余計な一言も飛び出す。さんまも河北をわざと「お嬢」と呼び続けたため、堪忍袋の緒が切れたデヴィ夫人は「コラ〜!!」と思わず立ち上がって怒りをあらわにする。

小峠は、LINEスタンプだけで新年の挨拶を済まそうとする後輩芸人に苦言。「定型文だけでもダメなのにその下を行くスタンプ」と怒りが収まらない。しかし、その後輩に返信したという小峠に一茂は「関係を切ればいい」と逆にダメ出し。哀川は「俺のところに(スタンプが来たら)殺してやるけどね」と厳しい言葉を投げかける。

哀川が抱える不満は「最近の若い人たちが現場が終わったらすぐに帰ること」。自身は「ベロベロで撮影に行ってた」と古き良き時代を懐かしむ。お酒を飲まない理由を佐野が「(飲んだ翌日)顔がむくむ」と、俳優として真っ当な説明をするも、哀川は「そんなのどうでもいいじゃん」と一蹴してしまう。

また、以前番組で「あげみ」などの新しい若者言葉を教わったさんまだが、ゆきぽよはすでにその言葉は古いと指摘。今は「あげみざわ」だと、言葉の使い方を説明する。ほかにも「よいちょまる」や「チェイエ」などの若者言葉を紹介するゆきぽよに、同世代のリョウガは全くついていけない。「チェイエ!」と両手の拳を突き出すゆきぽよに、リョウガの反応は……?